佐々木は身体能は高いが(C)日刊ゲンダイ

写真拡大

 ひとつの課題といっていい。

ロッテ1位・佐々木の第一印象は?自主指導のコーチが語る

 15日、ロッテ1位の佐々木朗希(大船渡)が新人合同自主トレの練習後、「疲れがだいぶたまっています。練習がハードなので、ついていくことに精いっぱいという段階。ついていくことに集中しています」と、現状を吐露した。

■本人も重要性を認識

 それは、スプリントのトレーニングでも見て取れた。佐々木は「疲れるので慣れていかないといけない。正しいフォームで走らないとマイナスになる。フォームを大事にしながら、下半身や上半身の筋力を鍛える必要があると思います」と、課題を挙げた。

 さるチーム関係者がこう言う。

「佐々木はまだ体幹がしっかりしていないのでしょう。腰や膝など体のあちこちに負担がかかる走り方になっているといえます。走る際に体がブレるなど、体の使い方、力の伝え方に課題がある。力を伝える方向にバラツキがあると、力のロスが生じ、ケガの原因にもなる。歩き方についても、踏み出す足がやや内側に入って、すり足気味なので足腰に負担がかかりやすい。佐々木はもともと柔軟性が高く、手足も長い。体幹を強化するなど、筋力、柔軟性、全身の持久力を総合的に整えていくことで、普段の練習の効率アップはもちろん、投球においてもより安定したパフォーマンスを発揮できるようになるはずです」

 この点について菊地トレーニングコーチは、「今は佐々木に限らず、新人全員がこれまで取り組んできたありのままの状態で練習をやってもらっている段階です。新人選手の状態を時間をかけてチェックしている。それを踏まえた上で、良いものは残しつつ、改善するところは改善するというかたちになっていくと思います」と言う。

 たとえば、日本ハムの清宮幸太郎は新人時代、ガニ股気味でバタバタと走る傾向があったため、パフォーマンス向上と下半身のケガ防止のために、体幹トレーニングと並行して、走り方にもメスが入った。

 佐々木もまずは、「歩き方」から見つめ直す必要がありそうだ。