横浜DeNA・濱口遥大の大乱調 4連続押し出し四球は71年ぶりの記録

ざっくり言うと

  • 1日の広島戦は、横浜DeNA・濱口遥大の大乱調で試合の大勢が決まったという
  • 3回の2死二、三塁で申告敬遠によって満塁策をとるも、4連続押し出し四球
  • 71年ぶりのプロ野球ワーストタイ記録となり、チームは1−15で敗北した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x