自国で起こったテロに狼狽する隣国。平身低頭で謝罪する裏には、みっともない軟弱な訳が隠されていた。

事件が起きたのは、3月5日の午前7時42分――。

この日、リッパート駐韓アメリカ大使は、韓国の市民団体がソウル市内のホテルで開催する朝食会に出席し、講演をする予定だった。

会場に到着した同大使は前方中央のテーブルに座り、食事を取ろうとしたまさにその時、事件は起きた。

反米運動家を自称するキム・ギジョン容疑者(54)が、刃渡り25センチのナイフを片手に米大使に近づくや、いきなり切りかかったのだ。

「大使は顔や手を80針縫う大ケガを負いました。結果的に、命には別条ありませんでしたが、あと2センチずれていれば頸動脈を切られ、最悪、命を落とす可能性もありました」(全国紙外信部記者)

凶行を演じたキム容疑者は、南北交流が活発だった金大中(キムデジュン)、廬武鉉(ノムヒョン)両政権の時期に計7回、北朝鮮を訪問したこともある親北朝鮮の左翼活動家だった。

「会場の警備に当たっていた警察官らに取り押さえられたキム容疑者は、"戦争訓練反対"などと叫んでいたことから、3月2日より行われていた定例の米韓合同軍事訓練に対する抗議のための犯行だったと思われています」(同じ記者)

この襲撃事件に韓国社会は大慌てとなった。

「韓国のマスコミ各社は"韓米関係に影響なし"と連日、キャンペーンを張り"火消し"に躍起です。また、リッパート大使のツイッターには、韓国国民からの"本当に申し訳ない""韓国の恥だ"などの謝罪のメッセージが大量に見受けられました」(全国紙政治部記者)

事件2日後には、ソウル市内にある米大使館の前で、「大使を愛しています」などと書かれたプラカードを掲げた人たちによる"謝罪デモ"まで敢行された。

慌てふためいたのは青瓦台(韓国大統領府)も同じだった。

事件が発生した5日の午後には、中東訪問中だった朴槿恵(パククネ)大統領が、わざわざ同大使に電話でお見舞いの言葉を伝えた。

「中東歴訪から帰国した9日にも、その足で入院中のリッパート大使の下に駆けつけて"大使が毅然と対応した姿に米韓両国民は深く感動した"と、歯が浮くようなオベンチャラまで口にしています」(同じ記者)

確かに、自国に駐在する外国の大使がテロの被害にあえば、自国政府として手厚い対応をするのは当たり前だろう。

しかし、このテロの被害者が日本大使だった場合、はたして韓国政府は同じような対応をしたのだろうか。

「いや、それはありえないでしょう」

と言うのは、韓国事情に詳しいジャーナリスト。

「実は、このキム容疑者、5年前の2010年7月にも、当時の駐韓日本大使だった重家俊範氏にコンクリート片を投げつける事件を起こしたんですが、その際の韓国政府の対応はズサンなものでした。韓国外相が電話で日本政府に遺憾の意を伝えたのみ。朴大統領による今回の対応とは、雲泥の差ですよ」

さらに、量刑に関しても大きな"格差"が見込まれている。

「日本大使への事件の際は、キム容疑者は懲役2年、執行猶予3年。つまり、実刑判決を受けなかったんです。その一方で、今回のアメリカ大使切りつけ事件に関しては、殺人未遂のほかにも、国家保安法違反など複数の適用が検討されており、実刑判決、しかも懲役10年以上は、ほぼ確実だと見られています」(前出の外信部記者)

確かに、5年前の事件では、日本大使にケガはなく、大使館職員が手に軽傷を負ったのみ。単純に、今回の切りつけ事件とは比較はできない。だが、

「キム容疑者は、竹島を巡り、抗議運動を展開する市民団体『独島守護団体』の代表を務めており、07年に大統領府前で焼身自殺を試みるなどのいわくつき人物。韓国当局のブラックリストにも名を連ねているそんな男を、逮捕しておきながら、執行猶予付きで野放しにするなんて考えられませんよ」(同)

政府が政府なら、国民も国民だ。

「日本大使の事件の際は、"第2の安重根"との声がネット上にあがるなどキム容疑者は英雄扱いでした。『独島と私たち、そして2 010年』というタイトルで、日本大使にコンクリート片を投げつけるまでのキム容疑者の人生を振り返る自叙伝まで出版されていましたからね」(同)

なんともはや……テロリストを英雄扱いとは、もはや開いた口が塞がらない。

米を激怒させた韓国二股外交

ベストセラー『悪韓論』などで知られるジャーナリストの室谷克実氏は、韓国政府の対応の差について、こう言う。

「韓国は日本をなめている。日本など、どう扱っても怒ってこないけど、アメリカは怒らせたら大変だと、政権も国民も承知していると、そういうことですよ」

まさに、「日本に強くてアメリカに弱い」韓国。米大使襲撃事件を機に、ことさら親米ぶりをアピールするのには深いワケがある。

「実は、最近の朴大統領の中国寄りの外交路線がアメリカの逆鱗に触れ、米国政府内で韓国に対する怒りの声が噴出。これを受け、"このままではアメリカに見捨てられる"と韓国は戦々恐々としていたんです」(外務省関連スタッフ)

とはいえ、これも因果応報だろう。

朴政権は発足当時の13年、驚異の経済成長を遂げ、昇り竜の勢いだった中国に"勝ち馬に乗れ"とばかりに急接近した。

「朴大統領は、米国主導のTPP(環太平洋経済連携協定)を牽制するため、中国が掲げたFTAAP(アジア太平洋自由貿易圏)の積極支持を表明しています。ほかにも、日米が力を持つADB(アジア開発銀行)に対抗して中国が計画するAIIB(アジアインフラ投資銀行)にも賛意を示しています」(前同)

中国に、尻尾を振りながらすり寄る韓国。だが、やはりアメリカなしでは、国家として存続していけない。

「米韓両軍の作戦統制権を持つ在韓米軍司令官が、協定の期限が切れたとして統制権の返還を韓国に通達。普通の国家元首なら、これで"自主防衛""名実共に(米国からの)独立"と喜ぶのに、朴大統領はまったくの逆。"捨てないで!"と米軍に泣いて縋り、無期限延期を懇願したんです」(防衛省関係者)

国際問題評論家の小関哲哉氏が言う。

「韓国の正面には、主敵・北朝鮮が構えており、軍事的に自立は無理との判断からでしょう」

中国に軸足を置きながら、アメリカの軍事力も欲しい韓国。まさに"二股コウモリ外交"なのだ。

しかし、ここ最近、韓国内への米ミサイル防衛システム"サード(THAAD)"の配備を巡って、米中が対立。韓国は両国の板ばさみになっているのだ。

「朴大統領は当初、北朝鮮からのミサイルを迎撃する目的で配備される"サード"に賛意を示していました。しかし、その防衛システムの範囲内に中国領土も含まれるため、中国から"受け入れるな"との要請があったんです。朴大統領は、いまだに最終判断が下せていません」(前出の外務省関連スタッフ)

コリア・レポート編集長の辺真一氏はこう説明する。

「サード配備を巡って、現在、朴大統領は米中両国から"米中、どっちにつくんだ"との踏み絵を迫られています。身から出た錆とはいえ、今後、朴政権はこれまでのようなコウモリ外交では処理できない厳しい判断を迫られるでしょう」

中国の経済発展にあやかりたいが、いつバブルがはじけるとも知れず、"両足"は突っ込めない。借金まみれゆえ、自前の専守防衛など叶うはずもなく、アメリカへは"土下座外交"で、虎の威を借りたい――このご都合主義が「アメリカに弱い」本当の理由なのだ。

一方で、利用できるはずの日本にはまったく頭を下げる素ぶりもない朴大統領。

「ソウル五輪をはじめ、各種のODA(政府開発援助)などで、日本から韓国へは数千億円単位の援助金が送られてきた、という歴史があります。米中との板ばさみであれば、日本に助けを乞うというのが、地政学的な観点からも現実的な判断として想定されますが、そうはできないのが彼女なんです」

と、苦い表情で語るのは、全国紙政治部デスク。

負の産物を引きずる朴大統領

「都市部の市民レベルでの"反日"は解消されつつあるのに、朴氏は脊髄反射で"反日"行動を取ってしまう。これは紛れもない本人の問題で、"日本"と聞くなり感情的になってしまうんです」(同デスク)

理知的な政治家像とはかけ離れた朴大統領。ただ、同情すべき点もある。

「教科書は反日で、"反日ドラマ""反日映画"も多数上映される韓国ですから。しかし、それも、かつては"反日"で国がひとつにまとまっていたという時代の"愚民化政策"。その過去の負の産物を一人で引きずっているのが、朴氏なんです」(同)

自分の頭で考える、自分の目と耳で歴史を掘り下げ事実を知る――これをできずに、ただただ「日本に強く」出てしまう朴大統領。暴走は止まらない。

「先日、訪日したドイツ・メルケル首相の"周辺国との対立克服には歴史と向き合うことが重要"という発言に意を強くし、韓国与党セヌリ党報道官が、メルケル発言を引用して日本批判を展開する始末です」(同)

大統領任期3年を残し、"レームダック"(死に体)と化したとまで囁かれている朴大統領。反日を"改心"する日が訪れるのか。