shutterstock_121739641

写真拡大 (全2枚)

名刺交換した際、まずみなさんはどこから見ますか?

会社名、名前、肩書き、住所などなどいろいろ項目はありますが、私がつい最初に見てしまうのは「メールアドレス」です。

「名前+会社名+ドメイン」なんていう味気のないものが多いのですが、中には「おいおい、ちょっとどうした?」と目を疑いたくなるようなアドレスと、ときおり対峙できるのが面白いところ。また携帯メールだとさらに「どうしたんだ!?率」も高まりますので、最近LINE普及に伴い、メアド交換する機会が失われつつあることを非常に残念に思っている人間のひとりです。

ではでは痛いメアドの特徴をカテゴリー別に分類してみました。みなさんも携帯のアドレスや名刺片手にご覧ください。

■1:名前をかわいくアレンジ 例:miki-pon@XXXXXXX

プライベートの携帯メアドならまだしも、オフィシャルな会社のメールアドレスにこの手のメアドをつけるそのメンタリティをかわいく感じるか、唖然としてしまうか。私は後者です。

■2:旬の言葉を使ってしまっている 例:dameyo_damedame@XXXXXX

一度登録すれば、何年もの長い期間使用することになりますので、メアドを勢いで決めると大変危険です。無理やりホメるのであれば、即断力のある人だともいえるかもしれません。

■3:スペルミス 例:programar_chief@XXXXXX

日常の中での英語のスペルミスならよくあることだと流せるけれど、メアドとなったら話は別。名刺交換をするたび、自分のアホ証明を毎度配っているようなものなのです。

■4:厨2病全開である 例:sekaiwo-kaerunowa-ore @XXXXXXX

ジャーナリズムをまるで志していないはずの、私と同タイプのライター同業者と名刺交換した際、「pen-no-chikara@XXXXX」というメアドを見つけたときの、あのギョッとした感覚は今でも鮮明に蘇ります。

以上、いかがでしたか? というか、あなた自身のメアドは大丈夫ですか?

かくいう私も、自分の携帯のメアドが痛すぎて、後悔することしきりなのです……。(吉田奈美)

【嗚呼、許せないシリーズ】

★【嗚呼、許せないシリーズ4】嫌いな芸能人で自分がわかる!性格診断

★【嗚呼、許せないシリーズ5】「好きになった人がタイプなんです女」の腹黒い罠!

★【嗚呼、許せないシリーズ8】住むのをためらう「恥ずかしいマンション名」4パターン

その他、【嗚呼、許せないシリーズ】はコチラ!

【あわせて読みたい】

※恋が上手くいかない理由はこれ?メールに対する意識、男女でこんなに違う

※これがモテ子の秘密!彼氏が途切れない女子の「メール術」を紹介

※納得?意外?2014年「好感を持てた言葉」「嫌悪感を抱いた言葉」ランキング発表!