震災後、日本では東京都知事が「地震、津波は天罰だ」と発言したことで非難が集中しましたが、アメリカでもそれに賛同する人々がいるようです。

アメリカFOXニュースでは3月17日から20日にかけてアメリカ全土の1008人に電話インタビューした結果を報告しています。その調査の内容とは、「震災が起こったのは神の仕業が否か」というもの。

調査の結果、38%(10人に4人)のアメリカ人が今回の地震や津波などの自然災害は神の仕業だと信じており、58%(10人に6人)がそれを否定しています。そして29%(10人に3人)のアメリカ人は、一部の国民の悪行によって神により天罰が下されると信じているようです。更には、56%のアメリカ人は世の中全てのことが神によってコントロールされていると信じているといいます。

アメリカではABC、NBC、CBS、FOXの4局が4大ネットワークと言われています。そのテレビ局の中でも群を抜いて保守派なのがFOXです。完全に共和党寄りなので、今のオバマ政権はもちろん、民主党自体を完全に否定していると言われています。超保守派の人々というと、とても敬虔なクリスチャンの人々も多く、彼らの宗教観がこの調査にも大きく影響していると思われます。そのため、この調査結果の38%というのも、「一部のアメリカ人は」ということになるのでしょう。

神の仕業か否か……ひとつ確かなことは天災を目の前に私達人間はどうすることも出来ないということでしょうか。

(文:モーガン彩)
参照元:  japanprobe.com(http://bit.ly/flgDA4

●関連記事