胎児期にダウン症が改善 学習能力が向上する化合物を京都大学が発見

ざっくり言うと

  • 京都大学がマウスの実験で、学習能力が向上する化合物を発見したと発表した
  • 胎児期に投与すると神経細胞が増殖し、ダウン症の症状が改善されるという
  • 「すぐに臨床応用できるわけではなく、慎重に研究を進めたい」としている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング