アルバイトで食いつなぎ…「国策」が生んだ行き場を失う博士たち

ざっくり言うと

  • 国による1991年の大学院重点化政策で、博士号取得者は10年で約2倍に増加
  • しかし希望の研究職に就けず、バイトで食いつなぐ人は多いという
  • 企業への就職も難しく、厳しい現実に「博士たち」は追い詰められている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x