京都大学で26日、一般入試の化学の問題文が不適切だったとして、試験時間中に2問を削除する措置が取られていたことが分かった。削除した上で配点するため、合否に影響はない。共同通信が報じた。

 大学によると、削除された2問は結晶構造に関する問題で、化学では他にも11カ所の訂正があったという。物理でも数カ所の補足説明があり、25日に実施された数学の問題文にも1カ所の訂正があった。

京大入試の化学で出題ミス 2問を削除、11カ所訂正(共同通信)