【AFP=時事】米大リーグ(MLB)、ヒューストン・アストロズ(Houston Astros)にかつて所属していたダラス・カイケル(Dallas Keuchel)投手が24日、現在スキャンダルとなっているサイン盗みの規則違反に当時関与していたことについて、「毎試合のように行われていたわけではない」とした上で謝罪した。元サイ・ヤング賞(Cy Young Award)投手のカイケルは、「とにかく、当時はそういう風潮があった。それは規則違反だったか?