新型車に義務化された「オートライト」機能

写真拡大

 近ごろ、昼間でもヘッドライトをつけて走っているクルマをよく見かけるようになった。それもそのはず、今年4月以降に販売されている新型車には、薄暗くなると自動でヘッドライトが点灯する「オートライト」機能の搭載が“義務化”されたからだ。しかし、たとえ曇天でも明るい日中に、本当にライト点灯は必要なのか──。モータージャーナリストの鈴木ケンイチ氏がレポートする。

【写真】クルマのスモールライト

 * * *
 この春から、新型車のヘッドライトには「オートライト」機能の装備が義務化されました。また、すでに発売されている乗用車も来年(2021年)10月から「オートライト」の装備が義務づけられます。それに合わせるかのように、昼間もヘッドライトをつけて走る「デイタイムランニングライト」を装備するクルマも増えているようです。

 こうした傾向に対して、違和感を持っている人が数多く存在しています。

「日中からヘッドライトを付けても意味がないのでは」
「燃費が悪くなるので嫌」
「どういう基準なのか信用できない」

 などといった具合です。確かに「オートライト」機能が備わったクルマは、完全に真っ暗になる前に、自動的にヘッドライトが点灯します。また、走行中はヘッドライトを消すことができなくなります。そうしたところに不自由と考えてしまう人もいるでしょう。

「真っ暗になるまでヘッドライトをつけない」という、これまで慣れたやり方を変えるのに抵抗を感じる人、または法律による一方的な決めつけに対する不快感があるのかもしれません。そうした、モヤモヤとした部分を抱える人がドライバーにも多くいるようです。

 しかし、そんなモヤモヤがあっても「オートライト」は義務化されました。その最大の理由は何かといえば、「交通事故を減らすため」です。

 昔から、交通事故は朝と夕方に多いと言われています。実際に2011〜2013年の警察の事故統計を調べると、朝の7時台と8時台、夕方の17時台と18時台の事故が多いことが分かっています。また、死亡時事故に限って言えば、17時台から19時までが最も多くなります。2015年の統計を見ても、やはり死亡事故は17〜19時台が最も多くなります。つまり、夕方は危険な時間帯と言うのは、間違いないことなのです。

 そして、夕方の事故を防ぐうえで、最も有効な手段が「ヘッドライトの点灯」なのです。

 でも、不思議ですよね。なぜ、ヘッドライトを点灯するだけで事故が減るのでしょうか。実際に、夕方にヘッドライトをONにしても、ドライバーにとっては見え方にそれほど大きな違いはありません。

 義務化された「オートライト」点灯の条件は、1000ルクス。一般的には野球のナイター開催時のスタジアム外野のエリアの明るさが約1000ルクスと言われています。つまり、けっこう明るいのです。

 ところが、曇天でも昼間の明るさは10万ルクス。そのため「まだ見える」けれど、実際は昼間よりも夕方の明るさは相当に落ちています。そして、その見えづらい状況はドライバーよりも、外を歩く人のほうが大きく影響されます。

 夕方になると、「クルマから道や歩行者が見えづらい」というよりも、「走ってくるクルマが見えづらい」状況が起こりやすくなります。その結果、「クルマが来るのに気づかずに道に飛び出てしまう」といった事故の可能性が高まるのです。車両vs車両でも同じことが言えます。夕方になると、他車両の存在に気づきにくくなるため、接触事故などの可能性が高まるのです。

 たとえばトンネルなどで無灯火の車両がいて、その存在に気づかずにびっくりした経験のある人は多いでしょう。つまり、ヘッドライトは「ここにクルマがいますよ!」というアピールになります。

 ちなみに、ルマン24時間レースのような、真っ暗な夜も走るレースでは、自車に大きなヘッドライトを装着したほうが他の車両との接触事故が減ると言われています。そのため特に強豪チームほど、強力なヘッドライトを装備するようになっています。

 そういう意味でも、夕方に交通事故に遭いたくなければ、ヘッドライトを点灯するのが最も効果的になります。当然、ポジションランプの小さな光よりも、フルの点灯のほうが効果は大。中途半端にポジションライトをつけるくらいなら、最初から普通にヘッドライトを点灯させましょう。

 日中にライトを点灯させるデイタイムランニングライトも、同じように「自分の存在を他にアピールする」のが狙いです。そのため、オートバイでは日本でもすでに日中のライトオンが義務化されています。これも交通事故を減らすのが目的です。

 交通事故を減らすのが目的というのは理解できても、「燃費が悪くなるのでは?」「他の車両に迷惑なんじゃないのか?」と考える人はいるでしょう。ただし、そうした心配は杞憂に過ぎません。

 現在の自動車のヘッドライトは、非常に高性能になっており、燃費悪化に対する影響は小さなものになっています。燃費は日中よりも夜間走行のほうが悪いと実感している人はほとんどいないでしょうし、万一の交通事故で発生する損害や補償などにかかる費用の大きさを考えれば、燃費悪化など本当にわずかなものです。

 また、「他の車両に迷惑」なのは、ヘッドライトの照らす方向や角度が狂っているのが最大の理由です。ちゃんと整備されたヘッドライトであれば、それほど他のクルマに迷惑をかけることもありません。

「オートライト」は無駄なものではなく、自身を交通事故という厄災から遠ざける有益な手段です。馴染みのない装備だからと忌諱するよりも、いち早く使いこなして交通事故のリスクを下げるのが賢いドライバーなのではないでしょうか。