香港の混乱はいつまで続く?

写真拡大

 逃亡犯引き渡し条例の改正案に反対する激しい抗議デモやデモ隊と警官隊との衝突など香港で混乱が続いている。

 中国共産党機関紙『人民日報』傘下の国際情報紙『環球時報』記者が取材中、香港国際空港でデモ隊に襲われて手を縛られ殴打される事件が起きたが、この記者は実は、中国の情報機関である中国国家安全省の工作員であるとの疑いが急浮上している。米政府系報道機関「ボイス・オブ・アメリカ(VOA)」が報じた。

 この人物は『環球時報』の付国豪氏。付氏は8月13日、デモ隊多数が占拠していた空港ロビーで、デモ隊の動きをずっと注視しているなど不審な動きを怪しまれ「デモ参加者を装った警察官」と騒がれたことから、激しく抵抗。中国のパスポートを提示して、「私は記者だ」と叫んだことから、デモ隊に殴打された後、病院に運ばれた。

 中国系香港紙や中国メディアは翌日、身の危険があるにも関わらず果敢に取材現場に飛び込み、取材をしていた付氏を「英雄」と称えると同時に、デモ参加者の暴力行為を激しく批判する報道を行った。

 これに対して、VOAは『環球時報』の胡錫進・編集長に取材を行い、付氏が取材目的で香港に入ったにもかかわらず取材ビザはなく観光ビザで香港に入境し、さらに記者証も携帯していなかったと報道した。また、北京の米情報筋はVOAに「この記者は国家安全省の工作員だ」と語ったと伝えた。その根拠として、同情報筋は付氏の身分証に記載されていた北京市海淀区万寿路の住所が国家安全省の職員寮の所在地であることを挙げた。

 また、付氏は2つの違う名前の銀行口座を所有していることや、『環球時報』のほか、北京市にあるコンサルティング会社「世華万向資訊公司」にも勤めていることになっていることも明らかになった。同社は海外に進出する中国語メディアに対して情報提供を行っている。

 同情報筋はVOAに対して、「一般人が名前を2つ持つことはまず不可能だ」と語っているが、工作員はそれぞれの名前に合わせて、パスポートや身分証も使い分けているという。