いつもの口内炎より治りにくい、痛みが強いなど、違和感があれば病気の可能性も。口内炎からわかる病気についてまとめました。

白くて丸いものができる アフタ性口内炎

食事はもちろん、話す時も痛みを感じる口内炎。一般的な口内炎は、白くて丸いものが口の中にできるアフタ性口内炎。原因は、ストレスや疲労で体の免疫力が落ちたためで、だいたい2週間程度で自然治癒します。

赤く腫れたり、潰瘍ができる カタル性口内炎

そして、もうひとつが、刺激が原因でできるカタル性口内炎。赤く腫れたり、潰瘍ができたりするもので、入れ歯や歯の詰め物が口腔内の粘膜に当たることでも起こります。カタル性口内炎は、原因がはっきりしているので、例えば詰め物が当たっている場合は歯科医で調整してもらえば改善します。熱いものを食べて口の中をやけどした場合も、カタル性口内炎ができますが、この場合はやけどの改善とともに治癒します。

ビタミンB2不足でおきる、風邪による口内炎

気になるのは、いつまでも治らない口内炎。口内炎が長引く理由のひとつとしてまず考えられるのが風邪。口内炎は体の免疫力が低下した時にできやすくなりますが、そのひとつに風邪も含まれます。
風邪で発熱すると、ビタミンB2が消費されます。この栄養素は、粘膜を健やかに保つ役割を担っているので、不足すると口内炎ができやすく、またビタミンB2不足が長引くと治りにくくなります。

抗生物質の長期服用による口内炎

また、抗生物質を長期間服用している場合も口内炎が長期化しがち。風邪や歯科治療の際に処方される抗生物質の役割は病気の原因菌を殺したり、増殖を抑えたりするものです。それが、体を守っている常在菌も殺してしまうことで、細菌のバランスが崩れ口内炎が長期化。そのほか、普段何気なく使っている歯磨き粉の合成界面活性剤が口の中の粘膜を刺激している場合もあります。

免疫力低下が引き金に ヘルペス性口内炎

これら以外に考えられるのが病気によるものです。ヘルペス性口内炎(口唇ヘルペス)は、体の中にいる単純ヘルペスウイルスが原因です。体の免疫力が弱った時に発症しやすく、自然に治りますが再発しやいという特徴があります。アフタ性口内炎と比べ、口内炎ができる時に患部にピリピリとした痛みと熱を発症。自然治癒の場合は2〜3週間ほどかかります。

子どもにも発症 ヘルペス性口内炎

また、口の中でカンジダというカビが増えることでできる、カンジダ性口内炎の可能性も。口の中に白いコケのようなものができ、はがすと赤く腫れたり出血します。大人だけでなく、子供にも発症するので注意が必要です。

難病や口腔がんが原因で起きる口内炎もある

そのほかにも、ヘルパンギーナによる水ぶくれのような口内炎や、手足口に発疹ができる手足口病、難病にも指定されている自己免疫疾患の一つで皮膚や口に水ぶくれのような口内炎ができる天疱瘡(てんぽうそう)、口のほか目や皮膚、外陰部にも炎症が起こるベーチェット病、一般的な口内炎と識別しにくい口腔がんの場合もあります。

2週間以上改善が見られないなら病院へ

口内炎に重い病気が隠れていても、初期は自分で判断することが難しいもの。なかなか治らない場合や、普段と違うなと異変を感じたら、皮膚科や歯科医を受診しましょう。

執筆:月刊『からだにいいこと』編集 -株式会社からだにいいこと