MacBook Pro(2016)では、物理的なファンクションキーが廃止された代わりに、サイドディスプレイとして、これまでになかったTouch Barが搭載されています。しかし、将来登場するMacBook Pro(2018)では物理キーボード自体が消えるのではないか、という予測も浮上しています。

今度こそ本格的なアップデートを望む声は多い

MacBook Pro(2018)で物理キーボードが消えるのではないか、という大胆な予測を立てているのは、デザイナーのダニエル・ブルンシュタイナー氏です。
 
Touch Barが搭載された2016年モデルは、実に4年ぶりのメジャーアップデートとなりましたが、逆に言えば、大幅に変わったのはTouch Barくらいのもので、あとはスペックや薄型化の更なる向上、打鍵感が変わったことくらいでしょう。となれば、来年こそ、大幅なアップデートを望む声が高まるのは自然ではないか、というわけです。

物理キーボード部分をサイドディスプレイに

今回、ブルンシュタイナー氏が公開したコンセプトデザインでは、物理キーボードがすべて取り払われ、Taptic Engineで打鍵感を「再現」するという方法が用いられています。すでにこの技術は、一部MacBookのトラックパッドやiPhone7のホームボタンで採用されています。
 

 
もちろん、物理キーボードを取り払ったからには、シーンに応じてキーボード用のスペースとしてではなく、2017年に登場が噂されるApple Pencil 2と組み合わせてペンタブレットのように使うことも可能です。
 

 
ブルンシュタイナー氏によれば、このアイデアはTouch Barから思いついたのだとか。さすがにここまでやってしまうと、タブレットの位置づけが今以上に曖昧になってしまう気もしますが、Apple Pencilの用途がiPad Proに限定されているのは勿体ない、と指摘する声は以前より出ているだけに、実現可能性は低くなさそうです。
 

 
 
Source:University Herald
(kihachi)