デーブ・スペクター

写真拡大

4日放送の「とくダネ!」(フジテレビ系)で、「上海ディズニーランド」での来場者のマナー問題を紹介し、出演者たちが衝撃を受ける場面があった。

この日は、1カ月後にオープンを控えた「上海ディズニーランド」を特集し、VTRでは現地の厳戒態勢や、無許可による摸造品を取り締まる実態を伝えた。

また番組では、問題のひとつとして「マナー」を取りあげた。4月26日に「上海ディズニーランド」は一部プレオープンして多くの人々が訪れたが、すでに園内の街頭には「参上」などの落書きがあり、花壇に無断侵入して写真撮影するケースもあったという。

さらには、ある母親が花壇で子どもの排泄を促す写真も紹介され、これにはスタジオの出演者たちも衝撃を受けたようで「ああ〜」という声が漏れた。

コメンテーターのデーブ・スペクターによると、「上海ディズニーランド」ではこれまでに欠陥が発覚し、何度も延期になっているとのことだ。しかもそれに費やした経費をまかなうため、各国のディズニーランドが営業時間の短縮などにより経費削減をしているそう。デーブは「全部、上海のせい」とコメントした。

またデーブは「スタートしてからちゃんとしたものになると思うけど、かなり厳しい」と持論を展開していた。

【関連記事】
フィフィ 熊本地震を横断幕で祝う一部中国人に嘆き「人間性下げるだけ」
小倉智昭氏が「ネットで拡散」希望…中国人のニセ僧侶詐欺に警鐘を鳴らす
テリー伊藤 中国人観光客への「爆買い」という言葉に苦言「スゴい失礼」