幻聴が聞こえた後に我が子に手をかけた40歳母親(画像は『Tempe Police 2021年5月16日付Twitter「The suspect in yesterday’s double homicide of two young children has been identified as their mother, Yui Inoue.」』のスクリーンショット)

写真拡大

このほどアメリカで、幼い子供2人が無残にも母親に殺害される事件が起きた。日本人とみられる母親は離婚の末、日本に戻るための費用をめぐり夫と諍いを起こした後、幼い2人に手をかけてしまったようだ。しかし母親は殺害したこと自体覚えていないという。『ABC15 Arizona』『New York Post』などが伝えている。

米アリゾナ州マリコパ郡テンピにあるアパートの一室で、現地時間15日に9歳の女児と7歳の男児の幼い姉弟が殺害される痛ましい事件が起きた。

テンピ警察によると同日午前7時過ぎ頃、姉弟の母親である日系人のユイ・イノウエ(Yui Inoue、40)が署に自首し我が子2人に手をかけたことを打ち明けたそうだ。警察がイノウエの供述をもとにアパートへ向かうと、そこには既に息絶えた姉弟の姿があった。

その後の警察の調べにより、イノウエはこの日の午前0時半頃に夫と諍いを起こして警察が介入したことが分かっている。この時は誰も逮捕されることはなく、子供たちもベッドで就寝していたそうだ。また夫婦は今年4月に離婚申請書を提出しており、家庭内で別居生活を送っていた。

夫の話によると、イノウエとは日本に戻るための費用をめぐって口論になり、イノウエが「刺す」と脅して来たために夫は午前3時頃にアパートを出て車内で一晩過ごすことにしたそうだ。就寝中の子供たち2人にイノウエが危害をくわえるとは微塵にも思っていなかったという。

逮捕されたイノウエは日本語の通訳を通して、警察に「午前4時半頃に目が覚めると自分の手や腕が血だらけで子供たちが死んでいた」と供述しており、自分が殺害したことを覚えていないと主張しているそうだ。

しかし自首した時、イノウエは警察に「子供たちを殺すようにという声が聞こえた」と話していることが明らかになっている。また自首した際に乗って来た車の中から血痕のついた肉切り包丁が発見された。

このような凄惨な事件にもかかわらず、一部のSNSユーザーからは「彼女を投獄するよりも精神的な助けが必要だ」とイノウエを擁護する声があがった。また近所の住民からも「母親と一緒にプールで遊ぶ子供たちを何度か目にしたことがあります。彼らは幸せそうでした」と話している。

現在のイノウエは2件の第1級殺人容疑でテンピ市拘置所に身柄が置かれており、裁判は今月21日に始まる予定だ。画像は『Tempe Police 2021年5月16日付Twitter「The suspect in yesterday’s double homicide of two young children has been identified as their mother, Yui Inoue.」、2021年5月15日付Twitter「It is with a very heavy heart that we share that we are investigating a homicide in the 4100 block of S. Mill Ave.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 MasumiMaher)