満潮により孤島となった、仏北西部ノルマンディーのモンサンミシェル(2020年10月18日撮影)。(c)Damien MEYER / AFP

写真拡大

【AFP=時事】仏北西部ノルマンディー(Normandy)のモンサンミシェル(Mont Saint-Michel)で17日から18日にかけて、満潮で修道院の周りが水没し、かつての海に浮かぶ小島の姿がよみがえった。

 モンサンミシェルは1979年、国連教育科学文化機関(UNESCO、ユネスコ)の世界遺産(World Heritage)に登録された。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
仏モンサンミシェルに「世紀の大潮」、過去最多の3万人(2015年)
モンサンミシェルの大天使像、修繕終え再び尖塔に
【写真】朝日に輝く大天使、世界遺産の小島で