11月27日、『 ドラゴン堀江 』(AbemaTV)が放送された。高校3年生の夏の時点で“F判定”だったにも関わらず、東京大学文学部の現役合格を果たした堀江貴文が、売れずにくすぶっている若手タレント3人をわずか半年間で東京大学に合格させる、型破りな“ガチ受験ドキュメント”だ。

 芸人・オバンドー吉川(鬼サンダー)、TAWASHI、グラビアアイドル・わちみなみの3人とともに国・英・数のセンター模試を受験することになった堀江だったが、英語は200点満点中167点、国語は200満点中86点、数学は数1・Aが100点満点中16点、数2・Bにいたっては100点満点中0点という散々の結果に。

 理系教科担当の“数学の魔術師”たくみは、スタッフから数1・Aの点数を聞き「おお、なるほど……」といきなり絶句したが、スタッフが「数2・Bが途中で解答諦めて0点」と告げると「どういうことですか?」と聞きとがめ、現場の空気をピリつかせる。

 実は堀江は数学で、マークシートを埋める作業さえも放棄しており、たくみは「受験生が絶対やるべきではない」と、御法度中の御法度ともいえる行為を諌めた。

 堀江は以前、解答欄を埋めなかった芸人のTAWASHIに対して「そんなのダメだ!」と切り捨てたが、まさかのブーメラン発言になってしまった形だ。

 たくみは「仕方ないのかなって思いますね、ずっと数学から離れてて」と堀江をフォローをしつつも「ただ、埋めないのはビックリ」と困惑。「とりあえずセンター突破をしたいんだったら、本気でやってもらうしかないな」と表情は厳しかった。

▶︎ 【見逃し配信】ドラゴン堀江 第4巻「堀江も木から落ちる!?」

(C)AbemaTV