1人で磯釣りをしている最中に倒れ、意識が遠のく中で手にしていたiPhoneの電源ボタンを連打する「緊急SOS」機能を使って通報し、病院に搬送されて一命を取り留めたと、ある日本人Twitterユーザーの投稿が注目を集めています。

緊急電話を発信する「緊急SOS」機能で助かったと投稿

TwitterユーザーのiGNITEDさん( @xxxprius )は13日、「iOS11で追加された『緊急SOS』のお陰で命拾いした」と投稿しました。
 
iGNITEDさんによると、1人で磯釣りをしている最中に倒れ、意識が遠のく中でiPhoneの電源ボタンを連打したそうです。iOS11を搭載したiPhone7/7 Plus以前の機種では電源ボタンを5回押すと、自動で緊急電話を発信する緊急SOS機能が作動する仕組みになっています。iGNITEDさんはこの緊急SOSにより迅速に通報でき、病院へ搬送されて一命を取り留めました。
 
お話をお伺いしたところ、iGNITEDさんはiPhone Xユーザーではありますが、今回緊急SOSで使用したのはiPhone7だそうです。そして緊急SOS機能については「(家族に)事前によく説明してありました」とのことで、「それで家族を安心させて夜釣りに行っていました」と語っていました。
 
緊急SOSという機能があること、そしてもしこの機能を利用した場合はこういうことが起きる、など、機能について事前に家族などと話しておくことが重要なポイントといえます。
 

iOS11アップデート済みのiPhone5s以降で利用可能

「緊急SOS」機能は、iOS11にアップデートできる機種であれば、iPhone旧機種でも利用できます。もしものときに備えて、緊急SOSの操作方法や設定を確認しましょう。また緊急SOS利用時に、緊急連絡先を設定している場合は、緊急連絡先にも通知してくれます。設定しておきましょう。
 

「緊急SOS」の仕組み

 
iPhoneで「緊急SOS」を使って電話をかけると、自動的に現地の緊急通報用電話番号にかかります。緊急SOSの機能自体は、標準でオン(有効)になっています。設定アプリの「緊急SOS」の項目では、自動で通報する機能のオン・オフと、緊急連絡先の設定確認ができます。
 

【iOS11】新機能「緊急SOS」の設定と利用方法

 
緊急SOSをかける方法は、iPhone8/8 PlusおよびiPhone X、iPhone7/7 Plus以前で操作方法が異なります。設定アプリ>「緊急SOS」の項目を開くと、利用中の端末での操作方法がイラストで表示されます。
 
iPhone8/8 PlusやiPhone Xでは、サイドボタンと音量ボタンの同時押しが必要になりますが、設定アプリで「5回クリックでも作動」をオンにすると、iPhone7/7 Plus以前の方法と同様、サイドボタン(旧スリープ/電源ボタン)をすばやく5回押すことで緊急SOSがかけられます。
 

 

「緊急SOS」を利用できる機種

 
iOS11にアップデート可能なiPhoneです。最新機種だけでなく旧機種も対応しています。
 
・iPhone X
・iPhone8
・iPhone8 Plus
・iPhone7
・iPhone7 Plus
・iPhone6s
・iPhone6s Plus
・iPhone6
・iPhone6 Plus
・iPhone SE
・iPhone5s
 

緊急連絡先を設定すると緊急SOS利用時に自動で通知

 
標準アプリ「ヘルスケア」のメディカルIDを作成し、緊急連絡先を設定しておくと、緊急SOSによる緊急電話が終わったあとに、指定の緊急連絡先にテキストメッセージで通知してくれます。緊急連絡先には、緊急SOSが発信されたiPhoneの現在地、SOSモードに入ってからの経過時間などが送信され、現在地が変わったらそのつど最新情報が届く仕組みです。
 
家族やパートナー、友人など、もしものときに迅速に連絡したい相手を、あらかじめ緊急連絡先に設定しておきましょう。
 

緊急時に役立つiPhoneの「メディカルID」を設定する

 
 
Source:Twitter(iGNITEDさん @xxxprius), Apple
(asm)