アメリカのホワイトハウスが2020年1月20日に、大統領からの退任を目前に控えたドナルド・トランプ氏が恩赦や減刑を行った人物のリストを公開しました。アメリカでは大統領が犯罪者に恩赦することが伝統になっており、今回恩赦された73人や減刑された70人の中には、2016年の大統領選挙でトランプ氏の勝利に貢献したスティーブン・バノン元首席戦略官や、自動運転車技術に関する企業秘密を窃取して逮捕されたアンソニー・レヴァンドフスキなどが含まれています。

Statement from the Press Secretary Regarding Executive Grants of Clemency | The White House

https://trumpwhitehouse.archives.gov/briefings-statements/statement-press-secretary-regarding-executive-grants-clemency-012021/

以下が、1月20日に発表されたトランプ氏が退任時に恩赦ないし減刑を与えた人物143人のリストです。

001.アンソニー・レヴァンドフスキ

レヴァンドフスキはGoogleの親会社Alphabet傘下の自動運転車開発企業・Waymoの元技術者です。レヴァンドフスキについて、ホワイトハウスは「レヴァンドフスキは、民事訴訟から発展した1件の刑事上の起訴訴因で有罪となりました。特筆すべきは、判決文は同人について『我が国が必要としている輝かしい画期的なエンジニアである』と評していることです。レヴァンドフスキは、自らの行動に対する大きな代償を払い、その才能を公共の利益にささげることを計画しています」と説明しました。なお、レヴァンドフスキに対する恩赦について、ロイター通信はGoogleにコメントを求めていますが、記事作成時点では回答が得られていません。

恩赦を受けたレヴァンドフスキは1月20日に、Twitterに「私の家族と私は、前に進む機会が与えられたことに感謝しています。また、私を支持し擁護してくれた大統領をはじめとする人々に感謝しています」と投稿しました。

002.スティーブン・バノン

トランプ大統領は、スティーブン・バノンに完全な恩赦を与えました。検察は2020年にバノン元首席戦略官を政治的なプロジェクトへの関与に端を発した詐欺に関連した容疑で訴追しましたが、ホワイトハウスは同人について「保守運動の重要なリーダーであり、政治的洞察力に秀でていることで知られています」と説明しています。

003.Todd Boulanger

トランプ大統領は、Todd Boulangerに完全な恩赦を与えました。Boulangerは2008年に、賄賂に関与したとして有罪を言い渡されました。Boulangerはアメリカ陸軍予備役を名誉除隊したの退役軍人で、議会議事堂で凶器を使い高齢女性を暴行した犯人を阻止し、逮捕したことでコロンビア特別区から英雄賞を授与されています。Boulangerは、地域社会の模範的なメンバーとしても知られています。また、同人は自分の行動を反省しており、過ちから立ち直りたいと考えているとのこと。

004.Abel Holtz

トランプ大統領は、Abel Holtzに完全な恩赦を与えました。Holtzは記事作成時点で86歳で、1995年に大陪審の捜査を妨害した罪で1件の有罪判決を受け、45日間の実刑を言い渡されました。有罪判決を受ける前は地元銀行の頭取を務めていたHoltzは、有罪判決を受けて以来、法律上の問題を抱えたことはありません。Holtzは、マイアミビーチ市への多額の寄付をはじめ、南フロリダの慈善活動の支援に多大な時間と資源を費やしてきました。

005.Rick Renzi

トランプ大統領は、アリゾナ州の元下院議員であるRick Renziに完全な恩赦を与えました。Renziは2013年に、恐喝、贈収賄、保険詐欺、マネーロンダリング、恐喝の罪で有罪判決を受け、連邦刑務所に2年間服役し、2年間の監督下での釈放と2万5000ドル(約259万円)の罰金の支払いを言い渡されました。有罪判決を受ける前、Renziは下院で3期務め、有権者からは「質の良い住宅提供や教育、医療の改善に取り組み、特に恵まれない人々やネイティブアメリカンのための強力な擁護者である」と評価されていました。12人の子供の父親であり、愛情深く献身的な夫でもあるとのことです。

006.Kenneth Kurson

トランプ大統領は、Kenneth Kursonに完全な恩赦を与えました。検察は、2015年に元妻と離婚したことに関連したサイバーストーカー行為でKursonを起訴しました。Kursonの元妻は、検察への手紙の中で、「捜査や逮捕を決して望んでおらず、FBIに何度も起訴の取り下げを求めました」とKursonに代わって訴えています。このような捜査が行われたのは、同人がトランプ政権内の役職に指名されたからに他ならないとホワイトハウスは指摘しています。Kursonは、長年にわたりニューヨーク州とニュージャージー州の地域のリーダーを務めたほか、私生活では認定里親として子どもを引き取り、ビジネスでも成功を収め、さまざまな慈善活動に情熱を注いできたとのことです。

007.Casey Urlacher

トランプ大統領は、Casey Urlacherに完全な恩赦を与えました。Urlacherは違法なギャンブルに従事したとして起訴されています。Urlacherは、生涯を通じて公共の奉仕に努め、地域社会に貢献してきました。記事作成時点では、イリノイ州メッタワムラで無給市長を務めています。

008.Carl Andrews Boggs

トランプ大統領は、Carl Andrews Boggsに完全な恩赦を与えました。 2013年に、Boggsは2つの共謀罪で有罪判決を受けました。釈放されて以来、Boggsは会社を再建し、何百人もの人々を雇用し、多くの時間と資金を地域社会に捧げてきたとのこと。

009.Jaime A. Davidson

トランプ大統領は、Jaime A. Davidsonの刑を減刑しました。1993年、Davidsonは潜入捜査官殺害事件に関与したとして有罪判決を受け、終身刑を言い渡されました。注目すべきは、Davidsonに不利な証言をした証人が、後に宣誓供述書で証言を撤回し、「Davidsonは関与していない」と証言したことだとホワイトハウスは指摘していています。Davidsonは29年近く投獄されていますが、被害者を直接射殺したとされる人物は既に釈放されています。服役中、Davidsonは1000人以上の囚人を指導し、General Educational Development(GED)を取得できるように指導しました。Davidsonは、他の人を助けるために献身的に取り組んできたことで、刑務所関係者から称賛を受けているとのことです。

010.James E. Johnson, Jr

トランプ大統領は、James E. Johnson, Jrに完全な恩赦を与えました。2008年、Johnsonは渡り鳥の保護に関する法律に違反したとの判決を受けました。Johnsonには1年の執行猶予が与えられ、その間の狩猟が禁止されたほか、7500ドル(約77万円)の罰金の支払いが命じられました。Johnsonは、その生涯を通じて、野生生物の保護に多くの貢献をしてきたとのことです。

011.Tommaso Buti

トランプ大統領は、Tommaso Butiに完全な恩赦を与えました。ホワイトハウスは、Butiについて「Butiはイタリア国籍の尊敬されているビジネスマンです。彼はイタリアの大企業の最高執行責任者を務める傍らで、ユニセフのために資金を集める慈善活動を始め、成功を収めています。20年以上前にButiはレストランチェーンの金融詐欺で起訴されました。しかし、アメリカでは有罪判決を受けていません」と説明しています。

012.Bill K. Kapri

トランプ大統領は、「コダック・ブラック」との通称で呼ばれるラッパーのBill K. Kapriの刑を減刑しました。Kapriは、著名なアーティストであり、コミュニティのリーダーでもあります。同人は、連邦文書に虚偽の記述をした罪で46ヶ月の実刑判決を受け、その刑期の半分近くが終了しています。アーティストとして成功を収めたKapriは、有罪判決を受ける前には多くの慈善活動に深く関わってきました。具体的には、殉職した法執行官の家族や恵まれない学生に教育資源を支援したり、飢えた人々に食料を提供したり、毎年のクリスマスに恵まれない子どもたちを援助したりしているとのこと。また、服役中には新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響を受けた中小企業に資金を提供するための基金に5万ドル(約517万)を寄付しました。

013.Jawad A. Musa

トランプ大統領は、Jawad A. Musaの刑を減刑しました。Musaは1991年、薬物関連の非暴力犯罪で終身刑の判決を受けました。Musaの事件を担当した裁判官と検察官は、いずれもMusaの恩赦を要求しているとのこと。56歳のMusaは服役中に信仰を深め、多くの教育コースを受講しました。Musaはメリーランド州ボルチモア市の支援ネットワークから強い支持を受けており、多くの職場から誘われているとのことです。

014.Adriana Shayota

トランプ大統領は、Adriana Shayotaの刑を減刑しました。Shayotaは偽造品の取引、著作権侵害、州をまたぐ取引に偽ブランドの食品を混入させたことで有罪判決を受けました。記事作成時点で、24カ月の実刑のうち半分を終えています。Shayotaには前科がありませんでした。服役中、Shayotaは人生を改善させたいと思う人々を指導し、そうした人々の社会復帰活動に並々ならぬ貢献を果たしたとのことです。

015.Glen Moss

トランプ大統領は、Glen Mossに完全な恩赦を与えました。Mossは1998年に有罪判決を受けた後、地域社会の重要な一員として活躍してきました。またMossは、セント・ジュード小児病院、乳がん啓発運動、結腸がん団体など、多くの組織で慈善活動に尽力してきました。また、地元の病院やがんサポートセンターなどで、草の根の活動にも貢献してきたとのことです。

016.Aviem Sella

トランプ大統領は、Aviem Sellaに完全な恩赦を与えました。Sellaは、1986年にジョナサン・ポラード事件に関連したスパイ容疑で逮捕されたイスラエル人です。イスラエル政府は、アメリカに対し全面的かつ明確な謝意を表し、アメリカ・イスラエル両国の関係にとって不幸な出来事を終わらせるため、アメリカにSellaの恩赦を求めているとのことです。

017.Michael Liberty

トランプ大統領は、Michael Libertyに完全な恩赦を与えました。Libertyは、2016年に選挙資金法違反で有罪判決を受け、後に関連した別の犯罪でも起訴されました。Libertyは、7人の子どもの父親で、数々の慈善活動に携わってきたとのことです。

018.Greg Reyes

トランプ大統領は、Greg Reyesに完全な恩赦を与えました。Reyesは、アメリカのネットワーク機器メーカーであるブロケード・コミュニケーションズのCEOを務めていましたが、証券詐欺で有罪判決を受けました。第9巡回区控訴裁判所は当初、検察側に不正があったとしてReyesの有罪判決を覆していましたが、再審で改めて有罪判決を受け、18カ月の懲役刑を言い渡しました。

019.Ferrell Damon Scott

トランプ大統領は、Ferrell Damon Scottの刑を減刑しました。Scottは、配布する意図でマリファナを所持していた罪で終身刑を言い渡され、以来9年近く服役しています。Scottの裁判を担当した元連邦検事代行であるサム・シェルドン氏は、文書に「終身刑に値するとは確信していない」と記しており、ホワイトハウスも「最近の判例に照らせば、Scottがこのような厳しい判決を受ける事はなかったでしょう」としています。

020.Jeffrey Alan Conway

トランプ大統領は、Jeffrey Alan Conwayに完全な恩赦を与えました。Conwayは、刑務所から出所してからはビジネスで成功を収めており、10の店舗と合計約500人のスタッフを擁するレストラン事業を経営しています。またConwayは、地域社会や様々な慈善活動に積極的に参加しているとのことです。

021.Benedict Olberding

トランプ大統領は、Benedict Olberdingに完全な恩赦を与えました。Olberdingは銀行詐欺で有罪判決を受けていますが、刑期を終えた後は2店の観賞魚店を購入したほか、住宅ローンの販売人を育成するためのコンサルティング事業も展開したとのこと。

022.Syrita Steib-Martin

トランプ大統領は、Syrita Steib-Martinに完全な恩赦を与えました。Steib-Martinは19歳の時に重罪にあたる放火で有罪判決を受け、10年の懲役と200万ドル(約2億713万円)の賠償金の支払いを言い渡されました。Steib-Martinは出所後に司法改革運動を開始するとともに、女性受刑者に教育や職業を提供する支援事業も設立しました。ホワイトハウスは、「今回の恩赦でSteib-Martinは、若さから負うことになった多額の賠償金から解放されることになります」と述べています。

023.Michael Ashley

トランプ大統領は、Michael Ashleyの刑を減刑しました。Ashleyは銀行詐欺の罪で有罪判決を受け、懲役3年を言い渡されました。ホワイトハウスは、「特筆すべきなのは、Ashleyの裁判を受け持った裁判官が『あなたが本当は反省していないのではないかとは心配していません。あなたが変わったことを知っています』と述べたことです」と指摘しました。Ashleyは、有罪判決を受けた後は病気の母親の介護と、社会への恩返しに時間を費やしてきたそうです。

024.Lou Hobbs

トランプ大統領は、Lou Hobbsの刑を減刑しました。Hobbsは終身刑を言い渡されてから24年服役しています。同人は投獄中に、GEDを含むさまざまな教育コースを修了しており、困難な時期を支えてくれた家族や友人に報いるべく、人生をやり直すことに専念しているとのことです。

025.Matthew Antoine Canady

トランプ大統領は、Matthew Antoine Canadyの刑を減刑しました。Canadyは不安定な幼少期を過ごし、薬物絡みの前科はすべて10代の時分に犯したものでした。Canadyは刑務所で、目を見張るような社会復帰への努力を見せ、刑務所のスタッフからは「勤勉で尊敬に値する」と評されているとのこと。Canadyは、電気技師見習いなどの職業プログラムで勉強をしており、自分の犯罪行為の責任をまっとうして子どもを養うため、求職活動をしたいと考えているそうです。

026.Mario Claiborne

トランプ大統領は、Mario Claiborneの刑を減刑しました。Claiborneは終身刑を言い渡されてから既に28年以上服役しています。同人は、20年以上にわたり行動規範を守っており、記事作成時点では政府の矯正施設UNICORで薬物教育を含む更生プログラムを修めているとのことです。

027.Rodney Nakia Gibson

トランプ大統領は、Rodney Nakia Gibsonの刑を減刑しました。Gibsonは初犯の非暴力犯罪で有罪判決を受けて以来、11年以上も模範囚として過ごしているとのこと。刑務所では行動規範を順守し、他の受刑者がGEDなどの資格を得るのを助けてきました。また、Gibson自身も就労につながるさまざまな資格や技能を習得しており、ホワイトハウスは「Gibsonは自分の行動に責任を持ちます」と請け負いました。

028.Tom Leroy Whitehurst

トランプ大統領は、Tom Leroy Whitehurstの刑を終身刑から懲役30年に減刑しました。Whitehurstは、少なくとも16.7kgのメタンフェタミンの製造を指揮したほか、多数の銃器を所持していたとされています。裁判所は、判決当時のガイドラインに基づき終身刑を言い渡し、以来Whitehurstは24年間服役しています。その間、Whitehurstは1回懲戒処分を受けたことを除き模範的な行動を示しているとのことです。

029.Monstsho Eugene Vernon

トランプ大統領はMonstsho Eugene Vernonの刑を減刑しました。Vernonは、サウスカロライナ州グリーンビル市での武装銀行強盗の罪で19年以上服役しています。しかし、捜査で得られた証拠は、一連の犯罪は本物の銃器ではなくBBガンで行われていたことを示しているとのこと。服役中のVernonは地道な努力を重ねてきたほか、ガンからも回復しています。

030.Luis Fernando Sicard

トランプ大統領はLuis Fernando Sicardの刑を減刑しました。Sicardは2000年にコカインを頒布する意図を持って携行した共謀罪と、麻薬密売犯罪と銃器の所持罪で判決を受けています。彼は明確な行動で20年間服役しています。Sicardは、いくつかの職業訓練コースを含む実質的なプログラムに参加してきました。現在、Sicardは車両工場で働いており、以前はUNICORで働いていたこともあり、優れた仕事をしていると報告されています。「重要なことは、Sicardは自分の犯罪行為の全責任を取っているということです。同人は元海兵隊員であり、2人の娘の父親でもあります」とホワイトハウスは述べています。

031.DeWayne Phelps

トランプ大統領はDeWayne Phelpsの刑を減刑しました。Phelpsは覚醒剤を配布する共謀罪で11年間服役してきました。Phelpsは模範的な行動で10年以上服役し、歯科技工士の見習実習の訓練を受け、UNICORに参加し、追加的な責任を負うことができる信頼できる受刑者であることが知られています。「何よりも注目すべきは、Phelpsの刑期は(PDFファイル)ファースト・ステップ法の下では間違いなくもっと低い刑になることです」とホワイトハウスは述べています。

032.Isaac Nelson

トランプ大統領はIsaac Nelsonの刑を減刑しました。Nelsonは5kg以上のコカインと50g以上のクラックコカインを配布する意図を持って所持し、配布した共謀の罪で20年の刑に服しています。「ファーストステップ法における重罪の薬物犯罪の定義変更に伴い、Nelsonはもはや20年の懲役という刑罰を受けないことになりました。代わりに、Nelsonはおそらく10年の刑期に直面することになりますが、彼はすでに11年以上の刑期を終えています。投獄期間中、彼は素晴らしい適応力を発揮しているようです」とホワイトハウスは述べました。

033.Traie Tavares Kelly

トランプ大統領はTraie Tavares Kellyの刑を減刑しました。Kellyは、50g以上のコカインベースと5kg以上のコカインを配布する意図を持って所持した共謀の罪で有罪判決を受けました。ホワイトハウスは「Kellyは14年以上服役していますが、もし近年の法制度で裁かれたら最低10年の懲役刑しか適用されないでしょう。さらに、彼は投獄されていた間にかなりの業績を収めており、出所時に生産的な市民になるチャンスを最大限に生かすために時間を使ったことを証明しています」としています。

034.Javier Gonzales

トランプ大統領はJavier Gonzalesの刑を減刑しました。Gonzalesは、2005年に覚醒剤を配布する意図を持って所持する共謀の罪と覚醒剤の頒布罪で有罪判決を受けました。Gonzalesは14年以上服役していますが、これは近年の法制度で受けるであろう10年の実刑より4年長いとされています。Gonzalesは服役中、安定して雇用され続け、UNCIORでの豊富な経験を積み、出所時の労働力への復帰を容易にするための職業プログラムや訓練への参加など、社会復帰活動の実績を示しています。また、Gonzalesには暴力行為の履歴はありません。Gonzalesは、薬物乱用の問題に積極的に取り組んでいるとされています。

035.Eric Wesley Patton

トランプ大統領は、Eric Wesley Pattonに完全な恩赦を与えました。Pattonは1999年に、住宅ローンの申請書に虚偽の記載をした罪で有罪判決を受けています。有罪判決を受けてからの20年間、Pattonは懸命に働き、献身的な親となり、友人や近所の人、教会のメンバーのために静かに善行を行うことで、地域社会にしっかりと貢献してきたとのことです。

036.Robert William Cawthon

トランプ大統領は、Robert William Cawthonに完全な恩赦を与えました。Cawthonは1992年に銀行融資の申請書に虚偽の記載をした罪で有罪判決を受け、180日の自宅謹慎を条件に3年間の保護観察処分を受けていました。Cawthonは犯罪の責任を認め、無事に保護観察期間を終え、賠償義務を果たしてきたとのこと。ホワイトハウスは「彼の償いは並外れたもので、有罪判決を受けて以来、彼は賞賛に値する幅広い社会奉仕活動に従事する一方で、犯罪とは無縁の人生を送ってきました」と述べました。

037.Hal Knudson Mergler

トランプ大統領は、Hal Knudson Merglerに完全な恩赦を与えました。Merglerは1992年にリゼルグ酸ジエチルアミド(LSD)を配布・流通させる意図を持って所持した共謀の罪で有罪判決を受けています。Merglerは1ヶ月の禁固刑と3年間の監督下での釈放を受け、賠償金の支払いを命じられました。有罪判決を受けて以来、Merglerは、大学の学位を取得し、ビジネスで成功し、家庭を築くなど、生産的で順法的な生活を送ってきました。また、地域社会に多大な貢献をしており、非営利の慈善団体で新しい学校の建設にも貢献してきたとのこと。周囲からは勤勉で倫理的なビジネスマンであり、思いやりのある父親であると一様に称賛されているそうです。

038.Gary Evan Hendler

トランプ大統領は、Gary Evan Hendlerに完全な恩赦を与えました。Hendlerは規制薬物を配布し製造した共謀罪で有罪判決を受けてから40年間、法を順守した生活を送り、地域社会に積極的に貢献してきました。経済的にも安定しており、不動産事業も成功しています。ホワイトハウスは、「特に注目すべきは、彼が他の人々が薬物中毒から立ち直るのを助けてきたことです。1982年以来、Hendlerは毎週の断酒会を組織し、指導してきました。また、彼はラジオ放送で多くの人々の回復への道のりを指導してきました。彼の元保護観察官は、Hendlerは薬物乱用問題に取り組んでいる地域社会の多くの人々の生活に不可欠な存在になったと述べています。さらに、Hendlerの努力は、ペンシルバニア州のトム・ウルフ知事によって認められ、最近知事は、Hendlerを薬物とアルコール乱用問題に関する州の諮問委員会のメンバーに任命しました」と述べました。

039.John Harold Wall

トランプ大統領はJohn Harold Wallに完全な恩赦を与えました。Wallは、1992年に覚醒剤に関連した罪で有罪判決を受けました。Wallは60ヶ月の実刑判決を受け、4年間の保護監督下で釈放されました。

040.Steven Samuel Grantham

トランプ大統領は、Steven Samuel Granthamに全面的な恩赦を与えました。Granthamは1967年に車両を盗んだ罪で有罪判決を受け、18ヶ月の禁固刑と2年間の執行猶予を言い渡されました。ホワイトハウスは、「Granthamは出所して以来、約50年前である19歳の時に犯した罪を反省し、責任を認めて、法を守りながら安定した生活を送ってきました。特に注目すべきは、子どもがGranthamの孫の世話をすることができなくなった時に、孫の親権を引き受けたことです。Granthamは今、許しを請い、銃を持つ権利を回復するために恩赦を求めています」と述べています。

041.Clarence Olin Freeman

トランプ大統領は、Clarence Olin Freemanに全面的な恩赦を与えました。Freemanは1965年に違法な醸造装置を使用した罪で有罪判決を受け、9ヶ月の禁固刑と5年間の執行猶予を受けました。ホワイトハウスは「出所後、Freemanは法を守る生活を送ってきました。Freemanは自分の違法行為を心から反省しており、有罪判決が彼に教えてくれた貴重な教訓を心に留めています。有罪判決を受けてからの約55年間、彼は安定した結婚生活を築き、ビジネスで成功し、地域社会に積極的に貢献してきました。彼の誠実さ、勤勉さ、寛大さには定評があります」としています。

042.Fred Keith Alford

トランプ大統領はFred Keith Alfordに全面的な恩赦を与えました。Alfordは1977年に銃器に関する罪で有罪判決を受け、1年間の保護観察処分を受けました。有罪判決を受けて以来、Alfordは安定的で順法的な生活を確立し、すばらしい技能と献身の精神、誠実さを持った人物として、地元で称賛されています。

043.John Knock

トランプ大統領はJohn Knockの刑を減刑しました。Knockは73歳の男性で、初犯の大麻がらみの非暴力犯罪で終身刑となり24年間刑に服しています。Knockは模範的な服役歴を持ち、その間、大学の会計学の授業を修了し、事件を起こしたという報告はゼロだったとのことです。

044.Kenneth Charles Fragoso

トランプ大統領はKenneth Charles Fragosoの刑を減刑しました。Fragosoは66歳のアメリカ海軍の退役軍人で、非暴力の薬物犯罪で30年以上終身刑に服してきました。Fragoso氏は模範的な服役歴を持ち、20年以上UNICORで働き、新しい仕事を学び、仲間の受刑者を指導してきたとのことです。

045.Luis Gonzalez

トランプ大統領はLuis Gonzalezの刑期を減刑しました。記事作成時点で78歳になるGonzalezは、非暴力の薬物犯罪で有罪判決を言い渡され、27年以上終身刑に服してきました。ホワイトハウスは、「ファースト・ステップ法の下では、Gonzalezは必要的終身刑の対象にはならなかったでしょう。同人には立派な服役歴があり、20年以上UNICORで軍服を製造していました」と述べました。

046.Anthony DeJohn

トランプ大統領はAnthony DeJohnの刑期を減刑しました。DeJohnはマリファナを配布した罪で13年以上終身刑に服してきました。ホワイトハウスは、「DeJohnはきちんとした服役生活を維持しており、優れた職業道徳を持っていることで認められています。出所後には雇用と住宅を得ることができるでしょう」としています。

047.Corvain Cooper

トランプ大統領はCorvain Cooperの刑期を減刑しました。Cooperは2人の娘を持つ41歳の父親で、マリファナの配布に関与した罪で7年以上終身刑に服してきたとのことです。

048.Way Quoe Long

トランプ大統領はWay Quoe Longの刑期を減刑しました。Longは58歳で、マリファナの製造・流通に関与したとして有罪判決を受け、50年の刑期の半分近くを終えています。Longは投獄期間中、英語力向上のための授業を受けたりGEDを取得したりして、自分自身の向上に努めてきました。また、出所後には家族から社会復帰に向けた強力なサポートが得られると期待されているとのことです。

049.Michael Pelletier

トランプ大統領はMichael Pelletierの刑期を減刑しました。Pelletierは64歳で、マリファナの配布に関与したとして有罪判決を受け、30年の刑期のうち12年を終えました。Pelletierはきちんとした服役生活を維持し、油絵で頭角を現し、その才覚を養うための教育コースを受講しています。Pelletierは、出所後は弟と同居し仕事に就く予定とされています。

050.Craig Cesal

トランプ大統領はCraig Cesalの刑期を減刑しました。Craig Cesalは2児の父で、そのうち1人はCesalが大麻の配布に関与したとして終身刑に服している間に他界したとのこと。Cesalは模範的な服役記録を持ち、パラリーガルや教会の牧師として、他の受刑者の支援を行っています。Cesalは出所後は社会復帰し、娘と暮らしながら地域社会に貢献していくと述べているとのこと。また、娘の結婚式にも出たいと話しているそうです。

051.Darrell Frazier

トランプ大統領はDarrell Frazierの刑期を減刑しました。Frazier氏は60歳で、コカインを配布する意図を持って所持した罪で29年間の終身刑に服しています。Frazierで服役記録を持ち、スポーツ振興団体の設立にも尽力しました。出所後は、母親と同居し就労する予定とのことです。

052.Lavonne Roach

トランプ大統領はLavonne Roachの刑期を減刑しました。Roachは、非暴力的な薬物絡みの罪で有罪判決を受け、30年の刑期のうち23年を終えました。Roachは模範的な服役記録を持ち、他の受刑者を指導してきました。Roachはまた、家族による社会復帰のサポートが期待できるとのことです。

053.Blanca Virgen

トランプ大統領はBlanca Virgenの刑期を減刑しました。Virgenは30年の刑期のうち12年を終えています。Virgenが30年の刑期を言い渡されることになったのは、司法取引により10年の刑を受けることを選択しなかったため、所定の3倍の量刑を受けることになったからだとのこと。Virgenは刑務所の教育プログラムで無数の功績を挙げており、出所後は4人の子どもの面倒を見るためにメキシコに帰国することになっています。

054.Robert Francis

トランプ大統領はRobert Francisの刑期を減刑しました。Francisは非暴力的な薬物絡みの罪で18年間終身刑に服してきました。Francisは刑務所内で非の打ち所のない懲戒歴を持ち、更正に向けて積極的に努力してきました。3児の父であるFrancisは、テキサス州ヒューストン市で妹と一緒に暮らす予定とのことです。

055.Brian Simmons

トランプ大統領はBrian Simmonsの刑期を減刑しました。Simmonsはマリファナ製造・流通に関する非暴力的な共謀罪で15年の刑期を言い渡され、そのうち5年を終えました。Simmonsは模範的な服役記録を有しており、出所後は婚約者らからサポートを受けることになっているそうです。

056.Derrick Smith

トランプ大統領はDerrick Smithの刑期を減刑しました。Smithは53歳で、亡くなった伴侶に薬物を配布した罪で約30年の刑期を言い渡され、そのうち20年以上を終えています。Smithは模範的な服役記録を持っており、出所後は建設業の仕事に就いて母と息子の面倒を見つつ、2人の子どもとの関係をやり直すつもりだとのことです。

057.Raymond Hersman

トランプ大統領はRaymond Hersmanの刑期を減刑しました。Hersmanは55歳の2児の父親で、20年の刑期のうち9年以上を終えました。服役中は地道に働き、いくつかのプログラムや教育に参加してきたとのこと。出所後は地域社会に復帰し、家族のサポートを受けながら生産的な生活を送りたいと話しているそうです。

058.David Barren

トランプ大統領はDavid Barrenの刑期を減刑しました。Barrenは6人の子供の父親で、薬物に関する非暴力的な薬物共謀罪で終身刑に加えてさらに20年の刑期を言い渡され、13年服役しています。Barrenは模範的な服役記録を維持しており、出所後は家族の元へ帰るのを心待ちにしているとのことです。

059.James Romans

トランプ大統領はJames Romansの刑期を減刑しました。子どもと孫を持つRomansは、大麻の配布の共謀に関与したとして仮釈放なしの終身刑を受けています。Romansは10年以上の服役期間中、模範的な懲戒記録を保持し、多くの教育コースを修了しています。Romansは既に出所後の働き口を確保しており、このことは社会復帰の成功に資すると期待されています。

060.Jonathon Braun

トランプ大統領はJonathon Braunの刑期を減刑しました。Braunはマリファナの輸入の共謀とマネーロンダリングの罪で10年の刑を言い渡され、そのうち5年を終えました。Braunは釈放後、妻子を養うべく就職を目指すとのことです。

061.Michael Harris

トランプ大統領はMichael Harrisの刑期を減刑しました。Harrisは59歳で、第一級殺人の共謀罪で終身刑を受け30年間服役しています。同人はその間模範的な服役記録を保持しています。Harrisはビジネスとジャーナリズムの学位を持ち、元起業家として、受刑者にビジネスを始める方法や経営について指導してきました。出所後、Harrisは家族のサポートを受けながら、有意義な仕事と住まいを得ると期待されているとのこと。

062.Kyle Kimoto

トランプ大統領はKyle Kimotoの刑期を減刑しました。Kimotoは6児の父で、テレマーケティング詐欺を計画した罪で29年の刑を言い渡され、そのうち12年間服役しています。Kimotoは模範的な受刑者で、多くの仕事に就き、反省を示し、他の受刑者に信仰の指導を行ってきました。既に出所後の仕事のオファーが入っており、6人の子どもと3人の孫の面倒を見る予定とのことです。

063.Chalana McFarland

トランプ大統領はChalana McFarlandの刑期を減刑しました。McFarlandは2005年、マネーロンダリング、振り込め詐欺その他の金融犯罪合計169件の有罪判決を受けました。McFarlandは30年の刑期のうち15年の服役を終えています。McFarlandは裁判に臨んだ際、当局に協力し連邦検事への攻撃が計画されていることを知らせました。なお、McFarlandの共同被告人は5カ月〜87カ月の短い刑期を言い渡されているだけだとのこと。McFarlandは模範囚で、記事作成時点では自宅に留置されているそうです。

064.Eliyahu Weinstein

トランプ大統領はEliyahu Weinsteinの刑を減刑しました。Weinsteinは7人の子どもの父親で愛情深い夫でもあるとのこと。Weinsteinは不動産投資詐欺の罪で24年の刑期のうち8年目にさしかかっており、模範的な服役歴を維持しています。釈放された後は、コミュニティや宗教のつながりからの強力なサポートが受けられると期待されています。

065.Alex Adjmi

トランプ大統領はAlex Adjmiに完全な恩赦を与えました。1996年、Adjmiは金融犯罪で有罪判決を受け、5年の刑期を終えました。出所後は地域社会に貢献し、特別な助けを必要とする子どもや薬物回復センターの支援など、多くの慈善活動に従事してきました。

066.Elliott Broidy

トランプ大統領はElliott Broidyに完全な恩赦を与えました。Broidyは未登録の外国のエージェントとして陰謀に加担した罪で有罪判決を受けました。Broidyは法執行機関、軍と退役軍人プログラム、ユダヤ人コミュニティを代表するなど、数多くの慈善活動で有名とのことです。

067.Douglas Jemal

トランプ大統領はDouglas Jemalに完全な恩赦を与えました。Jemalはアメリカの実業家で慈善家でもあります。2008年にJemalは詐欺罪で有罪判決を受けました。Jemalは有罪判決を受ける前、教会の再建などのさまざまな慈善活動に貢献していたことで知られています。ホワイトハウスは、「注目すべきは、裁判の際に裁判長が『Jemalを刑務所に送るとは信じがたい』と語ったことです」と指摘しています。

068.Noah Kleinman

トランプ大統領はNoah Kleinmanに完全な恩赦を与えました。Kleinmanは45歳で2児の父です。子どもの母親はKleinmanの服役中に他界しています。Kleinmanはマリファナを流通させた非暴力的な犯罪で約20年の刑を言い渡され、そのうち6年服役しました。Kleinmanは模範的な服役歴を持ち、子どもたちや父親との関係を維持するために努力してきたとのこと。出所後は父親と同居して家業に従事し、子どもの面倒を見ることを楽しみにしているそうです。

069.Dr. Scott Harkonen

トランプ大統領はScott Harkonenに完全な恩赦を与えました。Harkonenは病気の治療法に関する発表で誤解を招く説明をしたとして、詐欺罪で有罪判決を受けています。同人は新しい腎臓疾患や、その原因と治療法を発見したことで国際的に有名です。同人は医学への復帰を心待ちにしているとのことです。

070.Johnny D. Phillips, Jr.

トランプ大統領は、Johnny D. Phillips, Jr.に完全な恩赦を与えました。Phillipsは2016年に、通信詐欺と郵便詐欺の共謀罪で有罪判決を受けています。Phillipsは立派な市民として知られており、地域社会の大切なメンバーです。同人は3人の幼い子どもの面倒を見ているほか、1型糖尿病研究の提唱者でもあるとのことです。

071.Dr. Mahmoud Reza Banki

トランプ大統領は、Mahmoud Reza Bankiに完全な恩赦を与えました。Bankiは18歳の時に渡米したイラン系アメリカ人です。カリフォルニア大学バークレー校を卒業後、プリンストン大学で博士号を、カリフォルニア大学ロサンゼルス校で経営学修士(MBA)をそれぞれ取得しました。2010年、Bankiはイラン制裁の金銭的違反と虚偽の陳述をした罪で起訴されましたが、前者は第二巡回区控訴裁判所によって覆されました。しかし、虚偽の陳述をしたとして重罪と認定されたため、人生を完全にやり直す機会を逸していました。有罪判決を受けてからの数年間、Bankiは地域社会に貢献し、アメリカへの誠実な愛情と尊敬の念を維持してきたとのこと。

072.Tena Logan

トランプ大統領は、Tena Loganに完全な恩赦を与えました。Loganは、非暴力の薬物犯罪で14年の刑を受け、そのうち8年間服役しています。Loganは、広範な仕事やプログラムで模範的な服役記録を持ち、いくつか仕事で指導的立場に就いていました。さらに、刑務所の外で働くことを許可され、2020年の夏にはコロナウイルス支援・救済・経済安全保障法(CARES法)に基づく自宅での留置が認められているとのこと。Loganは目下、夫と同居し大手小売店でフルタイムで働いているそうです。

073.MaryAnne Locke

トランプ大統領はMaryAnne Lockeの刑期を減刑しました。Lockeは非暴力の薬物犯罪で20年の刑を受け、そのうち約11年間服役しています。帝王切開での出産後わずか6週間で刑期が始まったという困難に直面しましたが、服役記録は模範的なもので、幅広い仕事やプログラムにも従事しました。Lockeは刑務所の外で働くことを許可され、2020年の夏にはCARES法に基づく自宅での留置が認められています。Lockeは目下、父親と同居し、子どもと関係を築き、大手小売店でフルタイムで働いています。

074.April Coots

トランプ大統領はApril Cootsの刑期を減刑しました。Cootsは非暴力の薬物犯罪で20年の刑を受け、そのうち10年以上服役しました。Cootsは模範的な受刑者で、冷暖房空調設備(HVAC)などの免許やGEDを取得しているほか、コミュニティカレッジの講義も2学期受講しています。ホワイトハウスは、「重要なことに、Cootsには社会復帰を助け、安定したネットワークを構築してくれる協力的な家族や、教会のコミュニティがあります」と述べています。

075.Caroline Yeats

トランプ大統領はCaroline Yeatsの刑期を減刑しました。Yeatsは初犯の非暴力的な薬物犯罪で20年の刑を受け、そのうち約7年服役しました。Yeatsは介助犬の訓練などを行うPAWSプログラムに参加し、他の受刑者を指導するなど模範的な受刑者で、信仰コミュニティの献身的なメンバーでもありました。出所後は多発性硬化症に苦しむ30歳の夫と同居する予定とのこと

076.Jodi Lynn Richter

トランプ大統領はJodi Lynn Richterの刑期を減刑しました。Richterは非暴力的な薬物犯罪で15年の刑を受け、そのうち10年服役しました。Richterは刑務所で、PAWSプログラムで介助犬の訓練を行い、GEDの取得を目指す他の受刑者を教え、さまざまな重機の操作を学んでいます。Richterは良心のサポートにより、さまざまな雇用機会を得ています。

077.Kristina Bohnenkamp

トランプ大統領はKristina Bohnenkampの刑期を減刑しました。Bohnenkampは非暴力的な薬物犯罪で24年の刑を受け、そのうち10年以上服役しました。BohnenkampはUNICORなどでの仕事で優れた成績を収めた模範的な受刑者で、刑務所の外で働く事を許可されているほか、刑務所のスタッフにより、CARES法に基づき自宅に戻ることを推薦されています。出所後は、妹や義兄と一緒に過ごすことを計画しており、勤め先のあてもあるとのことです。

078.Mary Roberts

トランプ大統領はMary Robertsの刑期を減刑しました。Robertsは非暴力的な薬物犯罪で19年の刑を受け、そのうち10年服役しました。Robertsは模範的な服役記録を維持しているほか、PAWSプログラム、UNICOR、フードサービスの一員としての経験を含め、強力な仕事の経験を持っており、刑務所の外で働くことも許可されています。出所後は家族からの強力なサポートを受けて娘と一緒に過ごす予定で、様々な雇用機会も持っています。

079.Cassandra Ann Kasowski

トランプ大統領はCassandra Ann Kasowskiの刑期を減刑しました。Kasowskiは非暴力的な薬物犯罪で17年の刑を受け、そのうち7年以上服役しました。Kasowskiは模範的な受刑者であり、PAWSプログラムやUNICORでの活動を含め幅広く活動してきました。また、刑務所のスタッフにより、CARES法に基づき自宅に戻ることを推薦されています。出所後は、息子と同居し就職活動を始める予定です。

080.Lerna Lea Paulson

トランプ大統領はLerna Lea Paulsonの刑期を減刑しました。Paulsonは非暴力的な薬物犯罪で17年の刑を受け、そのうち7年以上服役しました。Paulsonは模範的な受刑者であり、UNICORでフルタイムで働く傍らでメンタルヘルスカウンセラーや受刑者の自殺防止活動にも従事しました。Paulsonは刑務所の外で働くことも許可されており、CARES法に基づき自宅に戻ることを推薦されています。出所後は、家族と同居しながら就職活動をする予定です。

081.Ann Butler

トランプ大統領はAnn Butlerの刑期を減刑しました。Butlerは非暴力的な薬物犯罪で約20年の刑を受け、そのうち10年以上服役しました。Butlerは模範的な受刑者であり、幅広いプログラムと仕事の経験を持ち、それぞれで傑出した評価を得ています。また信仰に厚く献身的とのこと。逮捕時、Butlerは5人の子どもの面倒を見ており、最低賃金の仕事を2つ掛け持ちしていました。出所後は、家族と再会し就職することを希望しています。

082.Sydney Navarro

トランプ大統領はSydney Navarroの刑期を減刑しました。Navarroは非暴力的な薬物犯罪で27年の刑を受け、そのうち約8年服役しました。Navarroは模範的な受刑者で、GEDを取得し、さまざまなプログラムでも優れた評価を得ているほか、追い詰められた若者と話をするプログラムにも参加しています。出所後は娘と再会し就職することを希望しているとのこと。

083.Tara Perry

トランプ大統領はTara Perryの刑期を減刑しました。Perryは非暴力的な薬物犯罪で16年の刑を受け、そのうち約7年服役しました。Perryは模範的な受刑者で、看護師の資格を取得しています。また、刑務所の宗教行事で歌を歌うことを楽しんでいるとのこと。出所後は母親と同居し、就職先を探すことを計画しています。

084.John Nystrom

トランプ大統領はJohn Nystromに完全な恩赦を与えました。Nystromは以前、ネイティブ・アメリカンの学校の再建プロジェクトの請負業者として働いていた際、会社が2重支払いを受けていることに気付きましたが、それを当局に通報しませんでした。Nystromはこの件の全ての監督責任を負い、有罪判決を受ける前から余計に受け取った金銭の返還を申し出ていたほか、後に全額を払い戻しました。またNystromは日曜学校の教師を務めたり、コロンブス騎士会やハビタット・フォー・ヒューマニティなどの慈善団体でボランティア活動をしたりしています。また以前は郡政委員も務めていました。

085.Gregory Jorgensen・Deborah Jorgensen・Martin Jorgensen

トランプ大統領はGregory JorgensenおよびDeborah Jorgensen夫妻に完全な恩赦を与え、故人であるMartin Jorgensenに死後恩赦を与えました。1980年代、Jorgensen一家はサウスダコタ州で高級牛肉を販売していましたが、需要が高まると市販の粗悪な牛肉を混ぜてブランド肉として売るようになりました。これにより1996年に有罪判決を受けて以来、Jorgensen夫妻は地域社会に献身的に奉仕をしてきました。Gregoryは同州トリップ群の郡政委員に2度就任し、ネイティブ・アメリカンのコミュニティのためのインフラ整備プロジェクトの陣頭指揮を執りました。また、Deborahは女性の教育機会の促進を目的とした非営利団体の生涯会員とのことです。Gregoryの父Martinは生前、全米肉牛生産者協会のビジネスマン・オブ・イヤーに選出されています。ホワイトハウスは、「Jorgensen夫妻は過去の行為を反省しており、これまでの数十年間の模範的な公共への福祉を鑑みれば、恩赦に値します」と述べています。

086.Jessica Frease

トランプ大統領はJessica Freaseに完全な恩赦を与えました。Freaseは20歳の時に、自身が窓口で働いていた銀行で、盗難された小切手を換金した罪で有罪判決を受けました。Freaseは、2年服役した後に模範的な行動が認められ、監督下での早期釈放が認められています。Freaseは目下、救急医療技術者を目指して勉強する傍らで、がん患者のための募金活動にも従事しているとのことです。

087.Robert Cannon "Robin" Hayes

トランプ大統領はRobert Cannon "Robin" Hayesに完全な恩赦を与えました。Hayesはノースカロライナ州選出の元連邦下院議員で、連邦捜査に際して虚偽の陳述をした罪で1年間の保護監察処分を受けています。Hayesはまた、州議会議員や州共和党議長、共和党議長全国協議会の議長なども歴任しました。

088.Thomas Kenton "Ken" Ford

トランプ大統領はThomas Kenton "Ken" Fordに完全な恩赦を与えました。石炭会社のゼネラルマネージャーであるFordは、石炭業界で38年間で働いた経験を持っており、Fordの恩赦を支持している炭鉱コミュニティのメンバーは同人を「模範的な経営者」と評しているとのこと。Fordは以前、連邦鉱山当局者に虚偽の報告をしたことで、3年間の執行猶予付きの有罪判決を受けました。それ以来Fordは、数十年にわたり地域社会の名士として活躍し、専門知識を鉱山労働者の安全に活用してきたそうです。

089.Jon Harder

トランプ大統領はJon Harderに完全な恩赦を与えました。Harderは高齢者介護施設の大手管理会社Sunwest Managementの元社長兼CEOでしたが、不動産危機に際し投資資金を不正使用したことで有罪判決を受けました。Harderの裁判を担当した判事は、Harderが刑事上の利益に反して全面的な協力を行ったことにより、投資家が本来より多くの資金を回収し、高齢者が施設での生活を続け、施設の従業員が生計を維持できるようになったと指摘しています。これにより、Harderは「2008年の不動産暴落に際して裁判所が扱ったすべての金融不正行為者の中で、最も責任を持って行動した人物」と評されています。ホワイトハウスは、「トランプ大統領はHarderが自分より従業員や投資家、そして施設に住む高齢者を優先したことを称賛しています」と述べました。

090.Scott Conor Crosby

トランプ大統領はScott Conor Crosbyに完全な恩赦を与えました。1992年、Crosbyは衝動的に銀行強盗計画に参加し逮捕されましたが、その際は警察当局に積極的に協力しました。また出所後は救急医療技術者の資格を取得し、教会でのボランティア活動や青少年の育成に多くの時間を費やしています。アリゾナ州は2003年にCrosbyの公民権を回復させているほか、今回の恩赦により連邦の公民権も回復されることになります。

091.Adrianne Miller

トランプ大統領はAdrianne Millerの刑期を減刑しました。Millerは覚せい剤を配布する意図を持って所持した共謀の罪と、第一種化学物質所持の罪で15年の刑を受け、そのうち6年間服役しました。Millerは薬物依存症の克服を目指しており、服役中はリハビリに専念していました。また、薬物教育や生活管理などのコースを多く受講しているほか、刑務所が提供する更正制度である(PDFファイル)Life Connections Programにも参加しています。Millerは過去の「破滅的な選択」を悔いており、その行動の全責任を負っているとホワイトハウスは述べています。

092.Lynn Barney

トランプ大統領はLynn Barneyに完全な恩赦を与えました。Barneyは少量のマリファナを流通させた罪で有罪判決を受けた後、銃器を所持した罪で懲役35カ月の判決を受けています。出所後のBarneyは模範的な市民として、仕事や子どもの世話に専念してきたとのこと。雇用主からも、勤勉な労働者で他の従業員の手本になっていると評されています。

093.Joshua J. Smith

トランプ大統領はJoshua J. Smithに完全な恩赦を与えました。Smithは2003年に、販売する意図を持って有罪判決を受け、出所後は地域社会と信仰に人生をささげてきたとのこと。またビジネスマンとしても成功し、そこから得た資金で刑務所改革を目的とした非営利団体Fourth Purposeを設立しました。それ以来、Smithは自分が投獄されていた刑務所を含めた多くの刑務所でビジネスを教えているほか、ラテンアメリカ各地で積極的な宣教活動も展開しています。

094.Amy Povah

トランプ大統領はAmy Povahに完全な恩赦を与えました。Povahは1990年代の薬物犯罪で24年の刑期のうち9年服役していたところ、2000年にクリントン元大統領により減刑されました。出所後はファースト・ステップ法の成立に尽力したほか、CAN-DO Foundation(Clemency for All Nonviolent Drug Offenders:すべての非暴力薬物犯罪者のための恩赦基金)も創設しました。前述のAdrianne Millerの減刑もCAN-DOの後押しによるものとのこと。

095.Dr. Frederick Nahas

トランプ大統領はFrederick Nahasに完全な恩赦を与えました。Nahasはニュージャージー州の外科医です。1990年代に、Nahasは連邦当局により詐欺的な料金請求についての捜査を受けました。6年間の捜査の結果、詐欺の事実は認められませんでしたが、Nahasは捜査に全面的に協力しなかったとして司法妨害の有罪判決を受けました。ホワイトハウスは、「Nahasは2003年に1カ月間服役して以来、患者や同僚、地域社会からの信頼を取り戻すべく、たゆまぬ努力を続けてきました」と述べています。

096.David Tamman

トランプ大統領はDavid Tammanに完全な恩赦を与えました。Tammanは以前、アメリカの大手法律事務所のパートナーでしたが、詐欺を働いていたクライアントの依頼で連邦捜査の対象となった財務文書を改ざんしたとして有罪判決を受け、2019年に7年の刑期を終えました。Tammanは自分の行動の全責任を負っており、Tammanの知人や同僚は同人が既にかなりの代償を支払ったまっとうな人物であると証言しているとのことです。

097.Dr. Faustino Bernadett

トランプ大統領はFaustino Bernadettに完全な恩赦を与えました。2008年初頭、Bernadettは自身が以前に購入した病院が、手術患者を違法にあっせんする業者に謝礼を支払っていたのを容認し、偽の契約を締結するのを許可しました。これにより、Bernadettは有罪判決を受けました。このことは、Bernadettの唯一の汚点だとホワイトハウスは指摘しています。Bernadettは既に退職していますが、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックが発生してからは、看護師のための医療用防護具の調達を支援するなど地域社会のために尽力してきました。他にも、ホームレス支援や、恵まれない学生への教材と食事の提供、高齢者の社会的つながりのサポートなど非常に多くの慈善活動に従事しているとのこと。ホワイトハウスは「トランプ大統領は、Bernadettがボランティアや慈善活動を続けることは正義と地域社会のためになると判断しました」と説明しています。

098.Paul Erickson

トランプ大統領はPaul Ericksonに完全な恩赦を与えました。弁護士で活動家のEricksonは2016年の大統領選におけるロシアがらみの陰謀で有罪判決を受け、後にロシアとのつながりはないと判断されましたが、軽度の金融犯罪で改めて起訴されました。司法省はEricksonの減刑を要請しましたが、Ericksonは懲役7年を言い渡されました。ホワイトハウスは「この恩赦は、アメリカ史上最大の魔女狩りの過ちを正すのに役立つでしょう」と述べました。

099.Kwame Kilpatrick

トランプ大統領はKwame Kilpatrickに完全な恩赦を与えました。Kilpatrickは元デトロイト市長で、在任中に恐喝と贈収賄に関与したとして約7年間服役しています。刑務所でKilpatrickは、スピーチのクラスを担当したり、ほかの受刑者の聖書研究会を指導したりしていたとのことです。

100.Fred Davis "Dave" Clark

トランプ大統領はFred Davis "Dave" Clarkに完全な恩赦を与えました。Clarkは初犯の非暴力犯罪で連邦刑務所に6年以上服役したています。Clarkは服役中に、他の服役者に聖書研究やスキルの手ほどきをし、信仰に基づく支援プログラムも考案しました。

101.Todd Farha・Thaddeus Bereday・William Kale・Paul Behrens・Peter Clay

トランプ大統領はTodd Farhaら5人に完全な恩赦を与えました。5人は健康保険会社WellCare Health Plansの元幹部で、2008年に州の医療制度を悪用したとして有罪判決を受けました。5人の裁判を担当した裁判官は、5人が個人的な金銭的動機で犯行に及んだ可能性は限りなく低いと述べて、Farhaらに最大3年の判決を言い渡しました。5人はいずれも地域社会や家族に献身的で、不平を漏らすことなく有罪判決を受け入れたと評されているそうです。

102.David Rowland

トランプ大統領はDavid Rowlandに完全な恩赦を与えました。Rowlandは小学校のアスベスト除去を請け負った際、アスベストの取り扱いに関する免許が失効していたことから、大気浄化法違反で2年間の保護監察処分を受けました。Rowlandは責任を認めて反省しており、社会奉仕活動の義務を負えた後も活動を続け、地域社会に貢献しているとのこと。

103.Randall "Duke" Cunningham

トランプ大統領はRandall "Duke" Cunninghamに完全な恩赦を与えました。Cunninghamはカリフォルニア州選出の元連邦下院議員で、在任中の収賄で8年の禁錮刑を言い渡されました。2013年に出所するまでの間、Cunninghamは他の受刑者の家庭教師をしてGEDの取得を助けました。Cunninghamまた、戦闘機のエースパイロットだった退役軍人で、パープルハート章(名誉戦傷章)も授与されています。Cunninghamは傷痍(しょうい)軍人でありながら地元の消防署でボランティア活動をしたり、聖書の勉強会に積極的に参加するなど、地域社会にも貢献しているとのことです。

104.William Walters

トランプ大統領はWilliam Waltersの刑期を減刑しました。Waltersはインサイダー取引で有罪判決を受け、5年の刑期のうち4年間服役しているほか、罰金や資産没収などで合計4400万ドル(約45億5756万円)を支払いました。Waltersは、ギャンブルやゴルフの腕前で知られていることに加えて慈善家としても活動しており、1997年にラスベガスの「慈善活動家オブザイヤー」に選出されたこともあるとのこと。

105.Dwayne Michael Carter Jr.

トランプ大統領はDwayne Michael Carter Jr.に完全な恩赦を与えました。Carterは銃器と弾薬の所持により有罪判決を受けました。Carterは医療機関やフードバンクへの寄付などの慈善活動を行っており、恩赦を支持した人はCarterを「家族にとっての奉仕者であり、多くの人にとっての友人であり、信仰の人であり、恵まれない人に与える者であり、道を切り開く人であり、ゲームチェンジャーです」と称賛しているとのことです。

106.Stephen Odzer

トランプ大統領はStephen Odzerに条件付きの恩赦を与えました。Odzerは銀行詐欺と共謀の罪で18カ月の懲役刑を言い渡されました。Odzerはニューヨーク市の医療従事者に個人用防護具を提供したり、病気の子どもを慰問したり、世界中の刑務所の受刑者やアメリカ軍の兵士に宗教的な資料を寄付したりといった慈善活動やボランティア活動を行っているとのこと。Odzerはまた、イスラエル滞在中にイスラム教徒のテロリストに誘拐され殺害された親戚をしのび、ユダヤ教のシナゴーグの建設などにも力を注いできました。今回の恩赦は、Odzerが有罪判決を言い渡された際に命じられた賠償金のうち未払いの残額を支払うことを条件にしたものです。

107.James Brian Cruz

トランプ大統領はJames Brian Cruzの残刑を減刑しました。Cruzは麻薬犯罪で40年の刑期を言い渡されその約半分を終えています。Cruzは刑務所で一緒になったことがある元受刑者から「人生を変えてくれた人」と称賛されており、刑務所の監督者からも「頼れる勤勉な従業員で他の受刑者から尊敬を集めている」と評価されています。Cruzは薬物の影響を認識し、法を守って他の人のために生きる第2のチャンスを望んでいると手紙に書いているそうです。

108.Steven Benjamin Floyd

トランプ大統領はSteven Benjamin Floydに完全な恩赦を与えました。Floydは17歳で海兵隊に入隊し、イラクでの功績により戦闘アクションリボンを授与されています。Floydは、恐喝と銀行強盗の罪により有罪判決を受け、2009年に出所してからは自動車修理事業を営んでいるとのこと。また、近年の暴動で発生した火災の消火活動に従事したり、兵士の遺族や戦闘で障害を負った退役軍人の車を無料で修理したりするといった行いでも認められています。「トランプ大統領は、過去の兵役と地域社会へのコミットメントについて、Floydに感謝しています」とホワイトハウスは述べました。

109.Joey Hancock

トランプ大統領はJoey Hancockに完全な恩赦を与えました。Hancockは規制薬物の配布を目的にした共謀と所持で有罪判決を受け、出所後は勤勉な労働者として教会や地域社会で活躍しているとのことです。

110.David E. Miller

トランプ大統領はDavid E. Millerに完全な恩赦を与えました。2015年、Millerは銀行に虚偽の申告をした罪で有罪判決を受けました。Millerは目下、「MEN OF VALOR」という慈善団体で開発ディレクターを務め、出所した男性が社会、家族、信仰に復帰することを支援しているとのこと。Millerの恩赦を支持しているテネシー州のビル・リー知事は同人について「聖職者として正しい事をして、他の人に奉仕することに専念しています」と述べています。

111.James Austin Hayes

トランプ大統領はJames Austin Hayesに完全な恩赦を与えました。Hayesは以前、インサイダー取引の共謀罪で有罪判決を受けた際に捜査に積極的に協力したほか、関連する民事訴訟では不法行為で得た利益を全て没収されています。有罪判決を受けて以来、Hayesは教会や地域社会に積極的に活動しているとのことです。

112.Drew Brownstein

トランプ大統領はDrew Brownsteinに完全な恩赦を与えました。Brownsteinは以前インサイダー取引で有罪判決を受け、その際に命じられた罰金を全額支払っています。Brownsteinは有罪判決を受ける前から、コロラド州デンバーの青少年育成団体やコロラド州のユダヤ人家族団体などで幅広いボランティア活動を行っているそうです。

113.Robert Bowker

トランプ大統領はRobert Bowkerに完全な恩赦を与えました。Bowkerは以前、22匹のヘビの輸送を手配したことで野生動物の売買を禁止する法律に違反し、執行猶予付きの有罪判決を受けました。Bowkerはその後、アメリカ動物愛護協会、世界野生生物基金、野生生物保護協会の一員として、数十年間にわたり動物保護活動に従事してきたとのことです。

114.Amir Khan

トランプ大統領はAmir Khanに完全な恩赦を与えました。Khanは通信詐欺で有罪判決を受けていますが、直後に被害者に詐取した以上の金額を返還して反省の意を示したとのこと。Khanはまた、COVID-19のパンデミックの前まで3 Square Mealsという組織でボランティア活動を行い、複数の医療機関や慈善団体に定期的に寄付をしていたそうです。

115.Shalom Weiss

トランプ大統領はShalom Weissの刑を減刑しました。Weissは恐喝、通信詐欺、マネーロンダリング、司法妨害の罪で有罪判決を受けましたが、既に18年を超える刑期と多額の返済金の支払いを終えているとのことです。ホワイトハウスはまた、66歳のWeissが慢性的な健康状態の悪化に苦しんでいることを指摘しています。

116.Salomon Melgen

トランプ大統領はSalomon Melgenの刑を減刑しました。Melgenは医療詐欺と虚偽の陳述で有罪判決を受けた元医師ですが、医療保険や医療費の負担ができない患者を治療したことで称賛を受けているとのことです。

117.Patrick Lee Swisher

トランプ大統領はPatrick Lee Swisherに完全な恩赦を与えました。Swisherは税金に関する詐欺や虚偽の記載をした罪で有罪判決を受けました。出所は1000人以上の従業員を擁するビジネスを立ち上げ、成功を収めているとのこと。また、宗教的な非営利団体に参加し、地域の人々に大学に通うための奨学金を提供しているほか、元犯罪者の社会復帰の支援などを行ってきたそうです。

118.Robert Sherrill

トランプ大統領はRobert Sherrillに完全な恩赦を与えました。Sherrillはコカインの配布を共謀し、コカインを配布する意図を持って所持した罪で有罪判決を受けました。Sherrillはその後薬物依存症の治療を受けているほか、クリーニング業の開業や、若者を支援する非営利団体の設立などを通して社会に参加しているとのこと。

119.Dr. Robert S. Corkern

トランプ大統領はRobert S. Corkernに完全な恩赦を与えました。Corkernは医療制度に関する贈収賄で有罪判決を受けたミシシッピ州の医師です。Corkernはミシシッピ陸軍国家警備隊に所属し、低所得者の患者に惜しみない医療サービスを提供しているとのこと。ホワイトハウスは、「ミシシッピ州では救急医療の需要が窮迫しているため、多くの医師が必要とされています」と述べています。

120.David Lamar Clanton

トランプ大統領はDavid Lamar Clantonに完全な恩赦を与えました。Clantonは虚偽の陳述などで有罪判決を受けました。Clantonの支持者は、地域社会への貢献、特に農村部の医療問題への対処について、Clantonの貢献を証言しているとのこと。Clantonはまた、4Hクラブなどの地域団体にも積極的に参加しているそうです。

121.George Gilmore

トランプ大統領はGeorge Gilmoreに完全な恩赦を与えました。Gilmoreは所得税の未払いや虚偽記載の罪で有罪判決を受けましたが、ニュージャージー州での仕事を通じて市民として重要な働きをしてきたとのことです。

122.Desiree Perez

トランプ大統領はDesiree Perezに完全な恩赦を与えました。Perezは麻薬の配布の共謀に関与していたとして有罪判決を受けて以来、人生をやり直し、働きながら刑事司法改革についての提言を行っているそうです。

123.Robert "Bob" Zangrillo

トランプ大統領はRobert "Bob" Zangrilloに完全な恩赦を与えました。投資会社Dragon GlobalのCEOであるZangrilloは2019年に発生した大規模な大学不正入学事件の調査に関連して起訴されました。Zangrilloはビジネスリーダーや慈善家として知られているとのこと。

124.Hillel Nahmad

トランプ大統領はHillel Nahmadに完全な恩赦を与えました。Nahmadはスポーツ賭博の罪で有罪判決を受けましたが、それ以来模範的な人生を送り、地域社会に貢献してきたそうです。

125.Brian McSwain

トランプ大統領はBrian McSwainに完全な恩赦を与えました。McSwainはサウスカロライナ州グリーンビル市の元警官で、1990年代初頭に犯した薬物犯罪で18カ月服役しました。

126.John Duncan Fordham

トランプ大統領はJohn Duncan Fordhamに完全な恩赦を与えました。Fordhamは医療詐欺で有罪判決を受けましたが、判事は後にFordhamに対する容疑の一部を却下したとのこと。

127.William "Ed" Henry

トランプ大統領はWilliam "Ed" Henryに完全な恩赦を与えました。Henryは政府の所有物の窃盗をほう助した罪で2年間の執行猶予を言い渡され、4000ドル(約41万円)の罰金を支払いました。

128.Jerry Donnell Walden

トランプ大統領はJerry Donnell Waldenの刑を減軽しました。Waldenは40年の実刑判決のうち23年を終えています。Waldenは服役中にGEDを取得した模範囚とされており、他にもさまざまな教育を受けているとのことです。ホワイトハウスによると、トランプ大統領はこのほかJeff Cheney・Marquis Dargon・Jennings Gilbert・Dwayne L. Harrison・Reginald Dinez Johnson・Sharon King・Hector Madrigal, Sr.らの刑を減刑しているとのこと。その一方で、退任後に訴追されることを視野に自分を恩赦するとの見方もありましたが恩赦しませんでした。