タピオカは2019年に空前のブームとなって日本各地にタピオカ専門店が登場し、2019年の流行語大賞トップ10にも「タピる」が選出されました。2020年に入るとブームが落ち着いてきた印象ですが、そんなタイミングでなぜかタピオカとピザを組み合わせた「いまさらタピオカピザ」が、2020年4月20日(月)から数量限定で登場しています。ドリンクに入っている印象が強いタピオカをあえてピザにミックスした「いまさらタピオカピザ」がどのような味わいになっているのか、実際に食べて確かめてみました。

いまさらタピオカピザ |ドミノピザ

https://www.dominos.jp/topics/200420_tp



告知ツイートでも「本当です。」と念を押していましたが、注文フォームを見ると本当に「いまさらタピオカピザ」が注文可能となっていました。「オーブンで温められたタピオカは、弾力がありモチモチした食感で、チーズとも好相性!」とのこと。今回はRサイズで注文してみることに。



数十分後、「いまさらタピオカピザ」が編集部に到着しました。注文時に「あんしん受取サービス」を選択すると、ドライバーの方から直接手渡しされるのではなく、玄関先に置かれた状態でピザを受け取ることが可能。「あんしん受取サービス」を利用する際は、事前にキャッシュレス決済をしておくと便利です。



フタを開けると、たっぷりタピオカがのったピザが現れました。



Rサイズ(税込2914円)の「いまさらタピオカピザ」を長辺約150mmのiPhone 11と比較するとこんな感じ。



表面に黒く浮き出ているのは大量のタピオカ。タピオカの数は1切れあたり10個前後。カロリーはRサイズの1ピース当たり182kcal、8ピースで1456kcalです。



ドリンクの底に沈んでいるタピオカは見慣れていますが、こんがり焼かれてチーズに埋もれるタピオカを見るのは妙な気分です。



実際に食べてみると、チーズの塩気の中に黒糖タピオカの甘みが感じられてモチモチした食感も楽しめましたが、甘さと塩気がどっちつかずという意見もありました。また、しっかりした生地の食感と塩気の中に柔らかな食感とほのかな甘みが感じられる点から、「給食で出てくるようなレーズン入りコッペパンを連想した」という感想も。



また、「いまさらタピオカピザ」にはメープルソースも付属しており……



ピザの上にトロリとしたメープルソースをかけて食べることも可能。



メープルソースをかけると全体の甘みが強くなり、チーズの塩気が甘さを引き立てるデザートピザとして味わうことができます。香ばしいメープルシロップと黒糖タピオカの組み合わせは相性がよかったものの、甘さとしてはメープルシロップが勝っている印象がありました。



「いまさらタピオカピザ」はデリバリーで注文するとMサイズが税込2268円、Rサイズが税込2914円、Lサイズが税込3456円となっており、2020年4月20日(月)から数量限定で提供されています。在庫がなくなり次第販売終了する予定で、気になる人は早めに注文した方がいいとのことです。