中川祐子/ダチョウ倶楽部・寺門ジモン

写真拡大

24日放送の「もしかしてズレてる?」(フジテレビ系)で、フリーアナウンサーで国民的美魔女コンテストファイナリストの中川祐子が、ダチョウ倶楽部・寺門ジモンとの対面に涙した。

番組では「食に異常にこだわる女に密着」と題し、中川の食生活に密着した。中川のマネジャーいわく、中川は食生活の90%以上肉で「女ジモンになりたいです」と豪語しているとか。また自宅にも寺門の著書やDVDがあり、自身も寺門に憧れていることを明かしていた。

密着取材の中で、中川は都内でも数店しかないという「あか毛和牛」の専門店で、シャトーブリアンやトウガラシなど、高級肉料理を食べると大喜びしながら「これを食べずに死ねますか?」とカメラ目線でコメントした。実はこの言葉は、寺門の著書「寺門ジモンのこれを食わずに死ねるか!!」を引用したものだった。

また自宅では食前に運動をしはじめ「代謝をよくしてエネルギーを発散してるんです」「って、寺門ジモンさんが言ってました」と、寺門への憧れをアピールする。

そんな中川は翌日、寺門の行きつけでオススメだという東京・田町にある「肉焼屋D-29」へ訪れた。中川は店内で席に着くと「(同じ席に)ジモンさん座りました?」と店長に質問。同じ席だと判明すると「嬉しい!」と大喜び。

その後、中川がメニューを見ていると店の奥から「いらっしゃいませ」と声をかけながら、寺門がサプライズで登場したのだ。中川は大きく目を見開いて「えっ、えっ?」と驚愕。寺門が「どれぐらいお肉好きなのか、みてあげようと」と説明すると、「嬉しい…」と答えながらも、感動のあまり泣き出してしまった。

中川は、憧れていた寺門との対面に「ごめんなさい、嬉しくて本当に。ありがとうございます」と涙ながらにコメント。

寺門は「ズレてると思います」と番組名にかけたツッコミを入れつつ「でも嬉しいです、ありがとうございます」と、中川に声をかけていた。その後、寺門が焼いた肉を食べる中川は「泣きそう」と一言。その後も中川は「ほんとにジモンさんを見た瞬間にヤバかった」と隣に座る寺門に、憧れの眼差しを向け続けていた。

【関連記事】
ウエンツ瑛士が怖がる意外な芸人「ダチョウ倶楽部の…」
岡村隆史 肉好きの寺門ジモンが望む意外な「最後の晩餐」を明かす
有吉弘行が食通の寺門ジモンに毒舌「一緒にいるとメシがマズくなる」