2018年に皐月賞を制したときのエポカドーロ(写真:アフロ)

写真拡大

北海道新ひだか町内の牧場で、別の牧場の研修生が自ら種牡馬の鼻をなでたり口に指を入れたりする様子を映した動画をツイッターに投稿して、批判が相次いでいる。

研修生の牧場は、関係各所に「多大なるご迷惑をおかけした」とツイッターで謝罪する事態になった。馬を触ったりすればどんな影響があるのか、関係者に聞いた。

研修生が触ったのは、2018年に皐月賞を制したエポカドーロ

動画では、30代女性という研修生が「エポちゃん」と呼びかけて、馬の鼻を盛んになで回す。

この馬は、名馬オルフェーヴルの産駒で、G気1つ皐月賞を2018年に制したエポカドーロだ。20年に引退した後は、新ひだか町内の牧場「アロースタッド」で種牡馬として生活している。

研修生は、馬が口を開けてくると、笑ってこう説明した。

「この時期、ちょっと種馬たちは、やっぱ種付け前なので、けっこう敏感になってる」

こう言いながらも、馬の口に指を入れて歯ぐきなどを見せ、「エポちゃんの鼻すごいな」と漏らす。「この時期、敏感になってるんで、噛んだりしますね」と自ら明かしていた。

この1分ほどの動画は、研修生が22年1月28日にツイッターに投稿した。馬の鼻をなでたり口に指を入れたりする内容については、競走馬関係者などの間で話題になり、非難も相次ぐようになった。

許可を得ているのではないかとの声もあったものの、「エポカドーロが何かあったら、責任取れる?」「これで怒って暴れて怪我なんかしたら大変...」「軽い問題ではない」と厳しい声が多い。

これに対し、研修生は、馬が首を出してくれて安全だと思ったので、鼻をなでたりしたとインスタグラムなどでも説明し、批判に対しては反論していた。その後、ツイッターのアカウントが削除され、インスタも非公開になった。

研修生が在籍している新ひだか町内の嶋田牧場は2月3日、公式ツイッターを更新し、動画の行為について謝罪した。

指を噛まれる危険のほか、馬にも感染症やケガの恐れ

その投稿では、社員の研修生が休日中に行った行為だとしたうえで、「エポカドーロ号、ファンの皆様、関係各所の皆様には多大なるご迷惑をおかけした」と謝罪した。牧場の指示で、研修生のアカウントを非公開にさせたという。研修生と話し合い、今後は、迷惑をかけないよう研修生を育てていきたいとした。

さらに、ツイッターを更新し、研修生が牧場に在籍している間は、SNSの使用を禁止し、業務に集中してもらうことにし、研修生も納得したと報告した。そして、「突然のご報告で甘いと言われるかもしれませんがご理解下さい」とつづっている。

研修生が訪れた牧場アロースタッドで種牡馬のマネジメントをしている会社「ジェイエス」は2月4日、J-CASTニュースの取材に担当者が経緯を説明した。

それによると、種牡馬の見学は関係者にだけ許可を出しており、研修生は1月28日、嶋田牧場の社員としてエポカドーロ号の飼育状況などを見学した。その際、研修生が1人で見て回っており、エポカドーロ号に触る行為はそのときに起きた。

ジェイエスでは、研修生が馬に触ることは考えていなかったという。種牡馬に触れば、噛み付かれるなどの危険があり、馬についても、感染症にかかったり暴れてケガをしたりする恐れがあるという。

ただ、今回のことで、馬には影響が出ていないとした。研修生は、動画投稿で批判された後、牧場に謝罪に来たとしている。

(J-CASTニュース編集部 野口博之)