職場恋愛は女子が憧れる恋愛の1つですが、周囲の人たちの理解を得ることができないとすぐに破局してしまう恐れがある、難しい恋愛でもあります。
周囲の人から温かい目で見守ってもらうためには、ふたりの振る舞いが重要。ふたりの世界に浸り、周囲の世界が見えなくなってしまうのだけは絶対に避けなければいけません。
そこで今回は「職場恋愛中の同僚に不満を抱いていること」をご紹介したいと思います。

1. ちょこちょこ恋人感が出る

「本人たちは仕事とプライベートを分けているつもりかもしれないけど、ちょこちょこ恋人感が出ているのが鼻につく。ボディタッチが多め、ときどき名前を呼び捨て、さりげなく同じ手作り弁当とか」(20代/営業事務)

▽ 隠そうとしても、恋人感はどうしても滲み出てきてしまうもの。微笑ましいことではありますが、不満に感じてしまう人がいるのも事実ですよね。

2. 内輪話を始める

「仕事の合間に『今日、どっちが買い物していく?』『帰ったら洗濯しておいて』など、内輪話をしている。小さい声で話しているつもりでも、聞こえていますから」(20代/商社)

▽ ついつい内輪話をしたくなる気持ちは分かりますが、正直あまり聞きたくないですよね。うっかり聞いてしまうと申し訳ない気持ちにもなってしまうので、できる限りやめて頂きたい。

3. 彼女という立場を利用している

「彼女という立場を利用して、自分の彼氏である上司にずけずけと意見を言うのが不満。付き合う前は意見なんて言えなかったくせに!」(30代/企画)

▽ 彼女だからといって、立場が上の彼氏に急に意見し出すのはNG! こればかりは周囲の人たちから不満に思われてしまっても仕方ありません。

4. ケンカを仕事に持ち込む

「ケンカしたとき、露骨に態度に出すのをやめてほしいです。あからさまに無視し合ったり、さりげなく悪口を言ったり……。ふたりに気を使わなきゃいけないので、周囲の皆が迷惑しています」(30代/研究)

▽ 恋人同士のケンカを仕事に持ち込まれると社内の雰囲気まで悪くなってしまい、周囲が巻き添えを食らう形になってしまうことを忘れないでほしいですね。せめて皆の前では、仕事モードに入って!

まとめ

いかがでしたか? 職場恋愛は決して悪いものではありませんが、周囲の人に気を使わせて不快な思いをさせるのはNG。
あくまで仕事は仕事、プライベートはプライベートで分けてほしいもの。もし、今あなたが職場恋愛をしているのであれば、振る舞いには十分に気をつけてください。周囲の人から祝福されないと、彼との関係を長続きさせるのも難しくなってしまうことをお忘れなく。