「逆パワハラ」を受けたと主張 休職中の教授が准教授らを提訴

ざっくり言うと

  • 産業医科大の50代男性教授が同大や准教授ら6人を提訴したと27日、分かった
  • 誹謗中傷の告発に基づき不当な懲戒処分を受け、うつ病を発症したと主張
  • 「逆パワハラ」被害を訴え、処分の無効確認と約1100万円の賠償を求めている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x