(株)アトリエリーブ(TSR企業コード:293890757、法人番号:6010701021230、品川区東大井1−8−3、設立1990(平成2)年10月16日、資本金3000万円、日比猛彦社長)は6月20日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には浅井平三弁護士(エルム法律事務所、千代田区神田多町2−9、電話03−6260−8388)が選任された。
 負債総額は債権者140名に対して約5億5000万円。

 ケーキや焼き菓子などの製造販売を手掛け、首都圏の百貨店やショッピングセンターを中心に洋菓子店「Atelier de Rêve」などを展開していた。直営店での販売のほかに、ホテルやカフェなどへの卸売やOEMも行っていた。
 取引先を徐々に増やし、店舗での販売も好調で2009年3月期には売上高約14億円をあげていた。しかし、その後は消費の低迷により売上は低調に推移した。生産拠点を本社工場に集中させ、生産体制のスリム化を図るなど経営効率化を行い、近年は催事にも積極的に出店していたが、事業は好転せず2018年3月期の売上高は約5億8000万円まで落ち込んだ。
 赤字も散見されており、財務体質の改善のめどが立たず資金繰りも限界に達し、事業継続が困難となった。自社工場は5月末で操業を停止し、6月15日までに全店舗を閉鎖した。