歴史ある銭湯が危機に

写真拡大

 中国の首都・北京市でもっとも古く、100年以上の歴史がある銭湯が存続の危機に追い込まれている。北京市内の急速な開発によって、周辺に高層ビルが立ち並び、早晩、銭湯がある区域に開発の波が押し寄せてくることが予想されるからだ。しかも、銭湯の土地は国有地で、政府に立ち退きを求められれば従わざるを得ず、北京市内の唯一の銭湯は風前の灯火となっている。香港の英字紙「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」が報じた。

 この銭湯は北京市南部近郊の南苑地区にある「双興堂」。この地区には中国人民解放軍空軍の南苑飛行場など軍の基地が集中している。双興堂が開業した103年前の1916年にも当時の中華民国軍が駐留していた軍の町で、当時も兵士が疲れを癒しに来ていたという。

 ただ、現在では周辺にマンションなどが立ち並んでおり、家庭にバスルームが設置されているのがほとんどなことから、客は常連ばかりだ。常連同士で、中国将棋をしたり、かごに入れた小鳥を持ち寄り、鳴き声を楽しんだりと、昔ながらの楽しみに興じている。

 客は平日は1日約70人ほどで、土日など休日は100人ほどだが、年間を通じると赤字だという。その理由は、北京市政府が環境汚染撲滅のスローガンの下、PM2.5(微小粒子状物質)など大気汚染の原因となる石炭の使用を禁止したことから、電気でお湯を沸かさなければならなくなったからだ。

「安価な石炭に比べて、電気代は5倍もかかり、経営を圧迫している」と店主の熊鋼鐵さんは語る。熊さんは54歳で、父親から経営を受け継いだという。

 熊さんによると、双興堂は1916年に開業。もともと「双斉澡堂」という名前だった。中国語では「澡堂」は「銭湯」の意味だ。

 1949年10月に中国共産党政権が誕生すると、この銭湯も国営企業となり、名前も「南苑浴池」に改められ、2004年、熊さんの父親が買い取って、個人経営の「双興堂」となったという。

 中国に初めて銭湯が登場したのは宋時代(960〜1279年)の12世紀のことで、もっと古い銭湯は江蘇省南京市にあった「甕堂」だったが、惜しくも2014年2月、600年以上の歴史に幕を閉じた。

 双興堂はそれには及ばないものの、いまや中国内では古い銭湯の部類に入る。しかし、経費の問題のほかにも、周辺には開発の波が押し寄せており、北京市政府も一帯の大型開発プロジェクトを検討している。

 熊さんは最後の手段として、双興堂を北京市の重要文化財として認定してもらうように、市政府に陳情しているが、「市政府は消極的だ」という。

 熊さんは「市政府からは、『この2、3年でプロジェクトが始まれば、立ち退いてもらう』と内々で言われている。地元の人々に親しまれている双興堂も100年以上の歴史に幕を閉じる日はそう遠くなさそうだ」と語り、肩を落としている。