【インタビュー】土屋太鳳&山崎賢人『orange』で再共演「原作が私達を呼んでくれている気がしました」

NHK朝の連続テレビドラマ「まれ」での共演が記憶に新しい、今最も勢いのある若手俳優のふたり、土屋太鳳さんと山﨑賢人さんが12月12日公開の映画『orange-オレンジ-』で、早くも再共演を果たします。「もしも大切な人を失うと知ってしまったら――」。今と未来をつなぐ手紙をもとに描かれた、高野苺氏の漫画を映像化した本作で、おふたりが命の大切さにまっすぐ向き合った撮影の日々を振り返ります。


『“まれ”からの再共演、偶然ではなく意味があるんだなって嬉しかった』


――「まれ」に続いての共演です。お互い再共演が決まった時の心境はいかがでしたか?

土屋:菜穂ちゃんを演じさせていただくと決まった時に、改めて原作の表紙を見て「相手役はどなたが演るのかな」と思い浮かべていたら賢人くんが浮かんできたんです(笑)。誰にも言わずに黙っていたんですけど、ある時マネージャーさんに「翔役は誰だと思う!?」って聞かれて「山﨑賢人くんですか?」と話したら「そうなの!もう一回一緒に共演することになったんだよ!」と言われて本当に驚きました(笑)、と同時に、「まれ」の後にもう一度『orange』で共演させていただくことに、「偶然ではない、何か意味があるんだな」と感じてすごく嬉しかったです。

――漫画の表紙を見た時にどうして山﨑さんだと感じたのでしょう?

土屋:理由はわからないんです(笑)。…なんでだろう?

山﨑:太鳳ちゃんにはちょっとそういう力があるんです、神のような力が(笑)。

土屋:(笑)。原作がすごく力を持っている作品なので、実写化するというよりかは、「原作が私達を呼んでくれている」という感じで、不思議と吸い込まれたのかもしれないです。

――山﨑さんは土屋さんと再び共演すると決まった時、どんなことを思いましたか? 

山﨑:こんなに早くまた一緒に共演できることに本当にビックリしました。「まれ」の撮影がこれからまだまだ続くという時に『orange』の話が決まったので当時は正直「どうなるんだ?」という感じではあったんです。でも太鳳ちゃんのことはすごく信頼しているし、原作を読んで太鳳ちゃんが菜穂役を演じるというのはすごくピッタリだなと思いました。心優しい所とか、人のことを考えてくれる所とかは似ているからすごく楽しみでしたし嬉しかったですね。本当に「偶然ではなくて意味があるのかな」と僕も思いました。「まれ」で夫婦役をやって、また『orange』で大切に想い合う役が来たのはすごく良かったですね。

土屋:「まれ」で子供を育て、命の大切さを見つめてきた夫婦をやってきて、今回『orange』では大切な人がいなくなってしまうことの辛さを感じて…いろんなことを感じながら演じていました。


『賢人くんは、目の表情で繊細さを伝える…天性だと思います』


――「まれ」とは正反対のキャラクターですが、とまどいなどはありませんでしたか?

土屋:「まれ」の現場で「また一緒に高校生ができるね」という話をしたりしたんですが、キャラクターに対して「ああしよう、こうしよう」という話はなくてお互いがしっかり演じる役を考えて現場で合わせていたので、とまどいなどはなかったです。撮影初日は翔が転校してくるシーンだったんですけど、最初から賢人くんは翔そのものでした。賢人くんはまとっている空気から変えることができるんです。…変えるというか、もう天性のものだと思います。目の表情で繊細さを伝えたり、物語の後半になるにつれてどんどん翔が追い詰められていってしまうシーンが増えていったんですけど、その時に「本当に翔がいなくなっちゃう…」「どっか行っちゃう」と心配で心配で…。

山﨑:それで…ね(笑)!?

土屋:あるシーンの撮影の日、1日ずっと不安でしかたなくて夜12時くらいに「やっぱり行こう!」って現場に行っちゃいました。

山﨑:太鳳ちゃんの撮影ないんですけど…(笑)。

土屋:行っちゃいましたね(笑)。

山﨑:見守りに来てくれました(笑)。

土屋:こんなに遅くまで撮ってるんだと思いました(笑)。

山﨑:自分も一緒でしょ?(笑)

土屋:でも現場に行ったら翔の体温をちゃんと感じることができたので、「生きててよかったぁ」って思いました(笑)。

山﨑:現場に行ったら翔が生きていた(笑)。

土屋:よかったぁ〜って(笑)。


『“大切な人と一緒にいられることの素晴らしさ”を知ってほしい』


S__6685023――でも本当に「orange」という作品は「命ってなんだろう?」とすごく考えさせられる作品ですよね。おふたりは作品を通じて命について何か見えたもの、感じたことはありましたか?

土屋:命って、すごく大切なテーマですよね。ひと言では言えないですけど、命を考えることで「生きていくことの素晴らしさを感じる」ということはありますよね。

山﨑:命とは「周りで支えてくれている人の大切さ」や「今しかない時間」を感じること、かな?愛を感じて命を大切に思えることが「命」なのかなと思います(照)。

――“キュン”とするような作品かと思いきや、実はすごく深いことを伝えている作品でもありますよね。だからこそ演じるとなると、テーマとの向き合い方も難しかったり、大変だったのではと感じます。

山﨑:命の重みを知って、「命は大切にするべきものなんだ」ということは僕も演じながらすごく感じていました。そのメッセージが観客の方にも伝わってくれればいいなと思っています。

土屋:生きていくことって素晴らしいけれど、すごく難しい。この作品を観て「大切な人と一緒にいられることの素晴らしさ」を噛みしめてほしいです。「今を大事にしてほしい」といいますか。私もあらためて命について考えようと思いました。

山﨑:命って…。

土屋:命って…愛情!

山﨑:命って…魂!


『登場する男の子はみんな愛情深い…選べません!(笑)』


――原作、映画も含めて翔と菜穂のまわりにいる仲間たちもとても魅力的ですが、特に、密かに菜穂のことを思っている竜星涼さん演じる須和の存在もすごく素敵です。土屋さんだったら翔と須和のどちらの男性がいいですか?

土屋:どちらも本当に好きです。人を選ぶのってあまり好きじゃないんですけど…翔は周りにすごく気を遣っていて、周りが笑顔であるようにとすごく優しい男の子。須和も愛情がすごく深いので、どちらも素敵だなと思います。でも私、あまり口に出さないけれど、すごく仲間のことを信じている(桜田通さん演じる)萩田くんもすごく好きです!(笑)。『orange』に登場する男の子はみんな愛情深い子だなぁって感じていました。

――山﨑さんは翔と須和の二人の関係をどうとらえていましたか?翔も須和のことを羨ましく見ている部分があったと思うんです。

山﨑:翔と須和の友情が僕はものすごく好きなんです。翔が言えないことを須和はみんなに言ってくれる。翔も須和もどちらも優しくて、同じようなことを考えているんだけど、須和は思いを行動に移してくれるんです。そういう部分で翔は本当に信頼しているし、助けてもらっているんです。あとは、そうですねぇ…須和には「身を引ける男のカッコ良さ」がある。そこがいい男だと思います。

――山﨑さん自身、同姓から見てどちらの男性に惹かれますか?

山﨑:いや〜どっちだろう。本当に選べないくらい、みんないいキャラなんですよ。う〜ん、太鳳ちゃんが選ばなかったから俺は選ぶか!(笑)。でも…いや…選べない!選べないです!!

土屋:本当に登場するキャラクターみんなが魅力的なんです。

――撮影は全編長野ロケだったそうですが、オフの日などは長野を満喫できたりもしましたか?

S__6685023山﨑:夕方までに撮影が終わったら、みんなで「夜ご飯行こう!」って出かけていました。夜ご飯は絶対食べなきゃいけないし(笑)、どうせ食べるならみんなで食べようと思って、初日からできるだけみんなで食べに行ったりしていました。長野では馬刺し、蕎麦、うな重などを食べました(笑)。

土屋:スーパームーンの日に松本城にも行きました。パワーがすごかったよね!

山﨑:すごかったね。それこそパラレルワールドじゃないですけど、幻を見ているみたいでした。松本城の堀の中の池に月が映っている感じは本当に幻想的でした。

土屋:あと松本城を歩いていたら、偶然(原作者の)高野先生に…。

山﨑:苺先生に会ったんですよ!あの日は本当にすごかった!みんな『orange』愛が強くて、本当にすごくたくさん笑っていました。


『実際は壁にぶち当たりまくっています(笑)』


――『orange』では手紙を通して「今を変える」、「未来を変える」ということがテーマにもなっています。おふたりは「今を変える」ため、「この先を変える」ために何か意識されていることはありますか。

山﨑:今をどう過ごしていくかで未来が変わると思うので、(俳優としては)今を全力でやりたいと思っています。実際は…壁にぶち当たりまくっていますけど(笑)。でもそこを乗り越えて頑張ろう!と思っています。

――演じることに対して難しさなどを感じていらっしゃるのですか?

山﨑:演じるというお仕事は色んなテーマ、人生、たくさんのことを伝えないといけない職業だから、僕自身いろいろと思うことがあります。「どう表現したらいいのか」、「本当の自分はどう感じているのか」とか、そういうことを考えていると演じるってよくわかんなくなってくるんです(笑)。何が正解かもわからないから、自分なりの正解を探し、悩み、楽しみながらやっている所です。

土屋:私はやっと女優としてスタートできる立場に立たせていただいたなと感じているので、作品に出会えば出会うほど、壁に「ドーン!」「バーン!」みたいな毎日です(笑)。

山﨑:「ドーン!」「バコーン!」(笑)。

土屋:「うわーッ!」ってなるんです(笑)。自分がわからなくなることもあります。「あれ?自分はどういう風に喋っていたっけ?」とか、役と自分自身が混ざってゴチャゴチャしてくることがあるんです。でも…今は自分を変えたいし、変わりたいです。出会う作品ひとつひとつを大事にして、その時出会う監督や共演者の方と、いかに正面から向き合えるかと思っています。個人的には「もっと新聞を読もう!」「本を読もう!」「山登ろう!」とか(笑)、いろんなことを吸収できるようにしていきたいなって思っています。

山﨑:本当にこの一年、大切な出会いや素敵な人に出会えたので、この出会いは自分の糧になっています。

土屋:「まれ」を演じていた時に「焦るな!20歳で全部やろうなんて思わないで、これからたくさんの出会いがあるから、今目の前にあるワンシーンを全力でやっていればいいんだよ」って言われたことがあって、それ以来「焦るな!」「焦らない!」を意識しています。この言葉を大事にしようと思っているんです。


『言葉の裏に隠されている“何か”を探るのがすごく難しかったです』


――「大切な言葉」と言えば、今回の作品でも言葉一つで翔と菜穂の運命が変わってしまうシーンがありますよね。

土屋:そうですね、ひとつひとつの言葉に重みがあるし、菜穂ちゃんが翔にかける言葉も、少しでも違っていたら翔の人生を変えてしまうかもしれないという怖さは演じていてありました。言葉の裏に隠されている何かを探るのがすごく難しかったですね。菜穂ちゃんが翔にかけた「一緒に生きよう」という言葉は、本当に難しかったです。

――そんな中で、山﨑さんとのやり取りで助けられたことはありましたか?

土屋:すごく辛いシーンは、やればやるほどどんどん心が固まってきちゃうんですけど、その時も賢人くんはやっぱりすごくパワーをわけてくれます。

山﨑:いや、俺がもらってましたよ!

土屋:いや、私が!(笑)

山﨑:“私”が!(笑)

土屋:“僕”がもらってましたよ!(笑)

――(笑)。お互いパワーをわけあっていたんですね。

土屋:私がずっとひとりでブツブツ「ああかな〜?」「こうかな〜?」とやってる時も、「もう1回やってみる?」と言ってくれたり、賢人くんがすごく考えてくれているんですよね。自分が一生懸命の時に一緒になってくれるっていう、その内面の強さと深さが賢人くんの華やかさだったり、繊細な部分に繋がるんじゃないかなって思います。

山﨑:すごくいい事を言ってくれますね(笑)。でも、僕も本当に太鳳ちゃんが菜穂だったから翔は菜穂に支えられて、生きようと思ったんじゃないかと思うんです。心の曇りがどんどん取れて温かくなりましたから。自分もすごく重たいシーンになると、暗くなってしまいがちなんですけど、そういう時に「こういう時こそ楽しいことを考えよう!」と言ってくれたりするのですごく助けられましたね。やっぱり一年間一緒にやってきた太鳳ちゃんへの信頼感というか、太鳳ちゃんへの安心感みたいなものはずっと感じていました。


土屋太鳳&山﨑賢人のHAPPYの源は?


――本当におふたり、仲が良くて微笑ましいですね。最後にPeachyとはごきげん、ハッピーという意味なのですが、それぞれの癒しの物、癒しの時間などを教えてください。

山﨑:質のいい服を着るとハッピーになりますね。高級という意味ではなくて、着ていて気持ちがいい物。着やすい服が好きです。着心地のいいやつ。あとはなんだろう…美味しいものを食べている時や、美味しいもののことを考えている時がハッピーですね(笑)。

土屋:友人と会っている時がハッピーです。時間があれば高尾山に登りに行ったりとかしています。あとは友達が一人暮らしなので「ご飯作ろう!」って一緒に作ったりします。

――太鳳さんは自然が好きなんですね?

土屋:好きです。やっぱり動物なので(笑)。人間が作ったものではなくて、自然の中で自分は生かされている、と感じられる所に行きたいんです。でもジェットコースターとかも好きです。

――真逆ですね。自然とジェットコースター(笑)。

土屋:人が技術でいろんな事を考えて楽しませてくれるっていいですよね。その中にすごいたくさんの苦労があって…。

――「下町ロケット」みたいですね(笑)。

土屋:そうですね(笑)。そういうのも楽しませていただいて、自分が好きな自然にも行きたいです。


『orange-オレンジ-』は12月12日(土)よりロードショー。
映画公式サイト:http://www.orange-movie.com/

撮影:倉橋マキ
取材・文:木村友美
制作・編集:iD inc.