別れ話で「女々しい男」と思われるセリフ9パターン

写真拡大

彼女に別れ話を切り出されたら、誰だって動揺してしまうもの。とはいえ、あまりに情けない姿をさらして「やっぱりダメな男だった」という印象を残してしまうことだけは避けたいところです。そこで今回は、20代から30代の『オトメスゴレン』女性読者に聞いたアンケートを参考に、「別れ話で『女々しい男』と思われるセリフ」を紹介します。

【1】情けなさすぎて引いてしまう「僕の悪いところは全部直すから捨てないで!」
「必死すぎて痛々しい」(20代女性)など、すがるような言葉のせいで、わずかに残っていた彼女の恋心をゼロにしてしまうパターンです。ここはむしろ、「こんな俺を今まで全部受け止めてくれてありがとう」とさわやかに感謝の気持ちを述べたいところです。

【2】あいまいな関係を続けようとする「別れたあとも2人で会ったりしようよ」
「都合のいい女にしたいって魂胆がそもそもキモい」(30代女性)など、きっぱり関係を断とうとしないのも、煮え切らない態度のように映ってしまうようです。せめて「これからも恒例のBBQは続けようね」といった、複数人で会うことが前提ならば、彼女も気持ちよくOKしてくれるのではないでしょうか。

【3】勝手に別れないことを前提とした「どうしたらやり直せる?」
「ストーカー体質っぽくてヤダ」(20代女性)など、復縁できると信じる根拠のない自信が不評を買うこともあります。「やり直せるチャンスをくれたら嬉しい」という程度なら、殊勝な態度に彼女も心打たれるかもしれません。

【4】大粒の涙で泣きじゃくって「君がいないと僕は死んじゃうよー」
「『死』をすぐ口にするのがウザい」(20代女性)など、本来は重たいはずの言葉を軽々しく言うと不甲斐なさが際立つようです。男の泣き姿を「情けない」と断じる女性は少なくないので、涙はなるべく隠すようにしたほうがよさそうです。

【5】浮気の根拠もないのに「どうせ僕のほかにも男がいたんだろ!?」
「相手のせいにしないと気が済まないようなところが嫌」(20代女性)など、相手をむりやり責め立てる姿は、器の小ささを感じさせることにもつながりかねません。本当に彼女が浮気していたとしても、「僕の魅力が足りなかったせいだね」とクールに言い放ちたいところです。

【6】一点張りで話し合いにならない「別れるなんて絶対にイヤだ!!」
「ダダをこねる子供のよう…」(20代女性)など、建設的な会話が成立しないのも、彼女を苛立たせてしまうようです。急な別れ話で動揺してしまったのなら、「1日考える時間がほしい」とお願いしてみるといいかもしれません。

【7】今さら言われても…ともやっとさせる「頼ってくれたらもっと支えられたのに」
「急にやさしい言葉をかけるなんて最低」(30代女性)など、それまで素っ気なかったくせに、態度を急変させるのも彼女を不快にさせるようです。ただし、「今まで僕が頼りなかったのも悪いよな、ごめん」と謝罪も付け足すのであれば、その怒りも鎮まるでしょう。

【8】そんな素振りは一切見せなかったのに「実は結婚も考えていたからやり直そう」
「女は『結婚』に弱いと思ってるでしょ」(30代女性)など、取って付けたようなウソを吐くと、「女の腐ったようなヤツ」のレッテルを貼られかねません。信じてもらうには、その場で預金通帳を渡すなど、誠意の見えるサプライズを起こす必要があるでしょう。

【9】強がりにしか聞こえない「僕からも別れ話しようと思ってた」
「傷つくのが怖くて噓でごまかそうとしてるのは明らか」(20代女性)など、長年付き合ってきた彼女であれば、見え透いた嘘など意味をなさないようです。「僕じゃ君を幸せにできそうにないから、仕方がないね」などと相手を思いやる言葉を付け足せば、少しは悪印象を和らげることもできるのではないでしょうか。

二人の歴史の最後に汚点を残したくなければ、潔く身を引くことが大切なのかもしれません。(東賢志/A4studio)