Lightnings flash over windmills of the Odervorland wind energy park near Sieversdorf, eastern Germany, on August 1, 2017./ PHOTO/dpa/Patrick Pleul


 私は公認会計士であるとともに、企業の経営を心理的側面から分析して経営改善を行う経営心理士として、経営コンサルティングを行っている。経営のご相談を受ける中で、人のご相談は絶えない。

 例えば、こんな部下の扱いに頭を抱えているという相談をよく受ける。

 仕事をやらせるとそつなくこなすし、頭の回転も速い。しかし、何かで結果を出すとすぐに調子に乗り、態度が大きくなったりする。一方で、結果を出せないと誰かの責任にするか、周りの状況が悪かったと言って自分の非を認めずに、自分を正当化しようとする。

 また、こんな上司に悩まされているという相談もよく受ける。

[JBpressの今日の記事(トップページ)へ]

成功は自分のおかげ失敗は他人のせい

 部署で何らかの成果を出すと自分独りの手柄にしようとし、部下の労をねぎらったり、感謝の言葉をかけたりしようとはしない。一方で、部署で何か問題が起きた時は部下の責任追及に終始し、自分に監督責任があったことを認めようとはしない。

 成功は自分のおかげ、失敗は他人のせい。上司であれ部下であれ、そんな言動が目につく人材の扱いに頭を抱えているという相談は多い。こういった人間は組織の中でトラブルメーカーとなる。

 自己奉仕バイアスという言葉がある。

 これは、成功した時は自分の能力によるものだとし、失敗した時は外部の環境に原因があると思い込む傾向を表す。

 この自己奉仕バイアスは、他者の成果を過小評価し、自分の成果を過大評価する、あるいは、自分の失敗を過小評価し、他者の失敗を過大評価する思考をもたらす。

 このバイアスは組織や集団レベルでも生じ、組織や集団レベルのバイアスは集団奉仕バイアスと呼ばれる。こういったバイアスが強く働く個人や組織は周囲とトラブルを引き起こしやすくなる。

 ただ、そもそも人は自己奉仕バイアスが働きやすい習性を持っている。

 自分が出世した時は頑張ったからだと思うが、同僚が出世したのを見ると運が良かったからだと思う。言われなくても自ら何かをやった時は自分が積極的だからだと思うが、言われなくても何かを進んでやっている人を見ると出しゃばりだと思う。

 ついついこんなふうに思ってしまうのも自己奉仕バイアスの現れである。こういった傾向は自分自身に対して感じる価値を下げたくないといった心理から生まれる。

 人は自分の価値が低いと感じると自信を失い、自己嫌悪に陥り、その程度がひどければ精神疾患に陥ってしまう。

自己奉仕バイアスは人間の性

 そのため、自分自身に対して感じる価値を高く保つことは、人間にとって死活問題であり、その価値をなるべく高く保とうとする防衛本能が働く。そういった本能から、成功した時は自分の能力によるものだとし、失敗した時は外部の環境に原因があると思い込む自己奉仕バイアスが働きやすくなる。

 このように自己奉仕バイアスが働きやすくなるのが人間の性というものであるが、一方で、冒頭のトラブルメーカーのように、自己奉仕バイアスが働いている他者の振る舞いを見ると、その相手に嫌悪感を覚え、非難しようとする。

 自分のことは棚に上げて、相手のことを非難する。このこと自体、自己奉仕バイアスが働いている状況でもある。

 一方で、自己奉仕バイアスと逆の振る舞いを取っている人を見ると、全く逆の印象を抱く。成功した時はみんなのおかげだと周囲を立て、失敗した時は自分のせいだと責任を取る。

 こういった振る舞いを自然と取れる人には好感や信頼を覚え、時に尊敬の念を抱くことすらある。他者との比較によって相対的に自分の価値が低いと感じた時、自分を信じられなくなる人は、なかなかこういった振る舞いを取ることはできないだろう。

 その意味では、こういった行動が取れる背景には、相対的に自分の価値が低いと感じた時でも自分を信じることができる「強さ」が存在すると言える。この「強さ」が人望をもたらし、結果として周囲から高い評価を受けることになる。

 私の元上司で周囲からの人望がとても厚い方がいた。見た目は正直ぱっとしないし、強烈なリーダーシップを発揮するわけでもない。ただ、ここぞという時は部下のミスについて自分が泥をかぶっていた。

 私も一度、ご迷惑をかけたことがあったが、その時にかけてもらった言葉は今でも忘れられない。

 「大丈夫、俺は怒られるのだけは得意だから任せとけ」

 ジョークのようにそう言って笑っていた。そして、上司やお客様に対する報告の場では部下の仕事ぶりを立てていた。

逆の振る舞いで出世街道駆け上る

 「今回は彼らがほんとによくやってくれました」

 その一言で部下の苦労は報われる。そういった自己奉仕バイアスとは逆の振る舞いを、格好つけるふうでもなく、自然とやっていた。自ずと部下からの信頼も厚くなり、その点を上層部もよく見ていたため出世も早かった。

 また、「この人は優秀だ」と感じる人の共通点として、自己奉仕バイアスに陥らず、ニュートラルな視点で物事を考えられるという点が挙げられる。

 自分あるいは自分のチームがやったことについては、自己奉仕バイアスが働くと、その成果や努力をより高く評価しがちであり、反対意見が来たり、周囲からの評価が低かったりすると反発したくなる。

 ただ、優秀だと感じる人はこのような反発したくなるような場面においても相手の視点に立ち、自分たちのやったことについてあえて批判的な目で冷静に捉えようとする。

 いくら自分たちが成果や努力を主張しても、周囲から受け入れられなければ意味がない。そのためにはもっと謙虚になり、努力を惜しんではいけない。そんな姿勢で物事に取り組む。

 交渉においても自己奉仕バイアスが働きやすくなる。

 自分の意見を過大評価し、相手の意見を過小評価する。双方がそんな姿勢で臨むと、交渉は難航し、なかなか合意に至らなくなる。

 そういう時に自己奉仕バイアスが働きやすいことを意識することで、ニュートラルな感覚で相手の視点に立って交渉を進められるようになる。

 そういった姿勢で交渉に臨む方が、相手に好印象を与えることになり、結果として相手も譲歩してくれる可能性が高くなる。

「太陽戦略」に自己奉仕バイアスは大きな妨げ

 上記のような交渉の進め方は童話「北風と太陽」で言えば太陽の戦略であるが、太陽の戦略を取るうえでは自己奉仕バイアスが大きな妨げとなることを認識することは重要な意味を持つ。

 自分自身に対して感じる価値を高く保ちたい。

 そんな本能が自己奉仕バイアスをもたらし、「成功は自分のおかげ、失敗は周りのせい」と考えようとする。しかし、自己奉仕バイアスに沿った振る舞いをすると、周囲からの評価が下がり、それが自分自身に対して感じる価値を下げる。

 一方で、自己奉仕バイアスと逆の振る舞いをすると、周囲から高い評価を受け、それが自分自身に対して感じる価値を上げる。人間の心というのはこのような何とも皮肉な性質を持っている。

 ただ、この心の性質を知っておくことで、成果を収めた時、そして失敗した時の振る舞いと周囲からの評価は大きく変わるのではないかと思う。

 また、冒頭のようなトラブルメーカーとなる人たちと関わる際にも、その心の構造が理解でき、心の弱さゆえの振る舞いであることが分かれば、少しは気が楽になるだろう。

筆者:藤田 耕司