パンダの赤ちゃん(30日齢)(2017年7月12日撮影、恩賜上野動物園提供)

写真拡大

東京・上野動物園で5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが誕生した。前回は残念ながら生後6日で死去したが、今回はすくすくと育っている。年明けの一般公開を前に、イベントや関連グッズなどの“便乗商法“が盛り上がっている。推計によれば、赤ちゃんパンダの経済効果は267億円。なぜ上野はパンダなのか。長年、上野を追いかけてきた経済ジャーナリストが分析する――。

■繁殖の実績は“和歌山“が上回る

今年6月12日、上野動物園で5年ぶりにジャイアントパンダの赤ちゃんが生まれた。前回は誕生6日後に死亡したが、今回は順調に育っている。成長の様子が各メディアでも報じられるので、職場や夜の街での話題となっているかもしれない。

だがパンダの誕生や生育なら、国内では和歌山県の「アドベンチャーワールド」の実績がズバ抜けている。同施設では2000年以降、自然交配や人工授精を含めて毎年のようにパンダが誕生しており、これまで15頭の繁殖に成功しているからだ。実際に「上野のパンダばかり騒ぎすぎだ」「和歌山の例をもっと報道するべきではないか」という声も聞かれる。

それでも地元・上野はパンダ誕生に沸き立っている。今回は赤ちゃんの両親である「リーリー」(オス)と「シンシン」(メス)を上野動物園に呼んだ観光連盟会長に取材し、上野の街が盛り上がる理由を分析したい。

■上野にとって「パンダは特別な存在」

「267万7372人」(2010年度)→「470万7261人」(2011年度)。

何の数字か、おわかりだろうか。2011年2月21日にリーリーとシンシンが来園し、その前後に上野動物園を訪れた年間入園者数だ。つまり“パンダ効果“で200万人も増えたのだ。

「もちろん増加数が、そのまま『パンダを見に来たお客さん』ではないと思いますが、3年近く“パンダ不在“だった動物園にとって、2頭の来園は起爆剤となったはずです。上野は『西郷隆盛像とパンダ』の街。松坂屋上野店のキャラクターは“さくらパンダ“ですし、地元の製靴メーカーはパンダデザインの靴も開発した。それほどパンダは特別な存在なのです」

こう振り返るのは、上野観光連盟会長の二木(ふたつぎ)忠男氏だ。ちなみに「上野地域の振興活動」では、全体のトップに観光連盟を位置づけ、傘下に各商店街(たとえば上野中央通り商店会、上野中通商店街振興組合など)が連なる。各商店街の会長は副会長として観光連盟を支える。商店街同士の利害対立を防ぎ、“オール上野“を目指すための仕組みなのだという。

上野動物園に初めてパンダが来園したのは、日中国交正常化の1972年で、「カンカン」(オス)と「ランラン」(メス)だった。日本中で“パンダブーム“が巻き起こり、74年の来園客数は空前の約764万7440人にも達した。2頭の死後も、1980年に「ホァンホァン」(メス)などが来園したほか、1986年には「トントン」(メス)が上野動物園で生まれるなど、「上野といえばパンダ」という時代が続いた。2008年に「リンリン」(オス)が死んでからは、3年間ほど「パンダ不在」だったが、2011年に「リーリー」(オス)と「シンシン」(メス)が来園。その2頭の子供が今回の赤ちゃんパンダである。

近年の上野動物園の来園者数は369万3757人(2014年度)→396万9536人(2015年度)で、今年は赤ちゃんパンダの誕生で来園者数の大幅増も期待できる。動物園の役割は「野生動物保全」や「種の保存」だが、やはり地元として期待するのは来園者数の増加だ。

「レジャーが多様化した現代でも、動物園は、お子さんからお年寄りまで、家族連れでもカップルでも楽しめる“全方位型“の施設です。だからこそ、来園者数の増加は、地元の期待が大きいのです」(二木氏)

■世界遺産、朝ドラより「パンダ」

上野はパンダ以外にも「コンテンツ」が豊富にある。テレビ番組の「街歩き」では定番スポットとして度々取り上げられる。特に年の瀬のアメ横商店街の混雑は「歳末の風物詩」だ。ニュースになるような連携や仕掛けづくりも上手い。

たとえば2013年にはNHKの連続テレビ小説「あまちゃん」で、主人公・天野アキ(演じたのは、のん)が上京して芸能活動を始める舞台となり、多くの観光客が訪れた。さらに2016年には上野公園の「国立西洋美術館」が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の「世界遺産」に登録された。同館は、フランスの建築家であるル・コルビュジエの建築作品で、フランスなどとの共同提案となり、登録まで時間がかかったこともあり、その間の地元関係者の一喜一憂もニュースとして報じられた。

「“あまちゃん効果“で、アメ横にもファンが来られましたが一過性の現象でした。また『世界遺産』によって、国立西洋美術館に来られる観光客も増えました。でも芸術や文化探索で来たお客さんは、東京駅や銀座に向かう人も多い。動物園を訪れた方が、山を下りて近隣の商店街に足を伸ばすケースが最も高いのです」(二木氏)

地元関係者は、美術館や博物館、動物園がある一帯を「山」と呼び、商店街を「街」と呼ぶ。山といっても、歩いて石段で上り下りできる高さだが、関係者が“文化ゾーン“と呼ぶ山から、“商業ゾーン“と呼ぶ街に下りてきて食事や買い物をしてもらうのが、以前からの課題だった。

もちろん「満州からの引き揚げ者による『闇市』の雰囲気を今に残す、都内唯一の存在」(二木氏)であるアメ横の人気は今も高く、年末には1日約50万人の人出がある。JR御徒町駅や東京メトロ・上野広小路駅で降りてアメ横に向かうお客も多いが、それに加えて、山からの回遊客に期待を寄せるのだ。

■「古くて怖い」から「明るく楽しい」へ

「上野には変えてはいけないものがあります。由緒ある建造物や歴史の舞台となった名所旧跡です。観光連盟はこうした歴史遺産を守りながら街づくりに取り組んでいます」

二木氏が言うように、もともと上野は、歴史の授業で習った場所だ。徳川幕府の菩提寺だった寛永寺には15代将軍のうち6人の墓があり、彰義隊の本陣は上野松坂屋(当時は伊藤呉服店)に置かれた。同店の近くには存在が確認されるカフェとして国内最古の「可否茶館」跡もあり、昭和2年の地下鉄開通(現東京メトロ銀座線)は「上野−浅草」だった。

「そうした歴史や名所旧跡があるので、現在の渋谷のように、再開発で街を一新させることはできません」(二木氏)。

一方で課題も残る。たとえばアメ横は、昔の「食品販売の街」から「衣料品など多様化した街」となり客層も変わった。商品の対面販売という伝統を守らずに、イスを並べて食事を提供する店もある。別の商店街では“ぼったくり問題“も起きた。「警察と連携して浄化に乗り出していますが、完全な根絶とはなっていません」(二木氏)。

「古くて怖い」というイメージを払拭し、「明るく楽しい街」に変えるのも観光連盟の使命のひとつだ。

実は、「浅草」「上野」という二大観光地を持つ東京都台東区の年間観光客数は5000万人を超える。近年の伸びは著しく、5年前に比べて約1000万人も増えており、「京都」に匹敵する数字となった。5000万人のうち800万人がインバウンド(外国人観光客)だという。浅草と上野は「江戸情緒」や「昭和レトロ」で競い合う間柄だが、二木氏は「上野のほうが交通アクセスもよい」と自負心を示す。

「インバウンドの来日目的も『爆買い』から『爆体験』に変わってきており、かつては上野公園で花見をしながら酒を飲む日本人を不思議そうに見ていた外国人が、今では率先してお花見をする姿も目立ちます」(二木氏)

■「パンダの経済効果」は267億円

そんな上野にとって、「通年見学できる最強コンテンツ」が赤ちゃんパンダなのだ。

「赤ちゃんパンダには、誰もが癒されるような愛らしさがあります。1986年に無事に育った『トントン』の名前募集には27万通を超える応募があったそうです。でも2012年に生後6日で死んだ苦い思いがあるので、心配しながら成長を見守っているのが本音です。関西大学の宮本勝浩名誉教授の調査では、上野動物園でパンダの赤ちゃんが生まれたことによる全体の経済効果は267億4736万円と試算されました」(二木氏)

今年は上野動物園にパンダが来園して45年。赤ちゃんパンダの一般公開は年明けの予定だ。濃密に関わるうちに「顔もパンダに似てきた」と言われるようになった観光連盟会長は、赤ちゃんが順調に育つニュースを横目に、次なる振興策を考えている。

----------

高井 尚之 (たかい・なおゆき)
経済ジャーナリスト・経営コンサルタント。1962年名古屋市生まれ。蠧本実業出版社の編集者、花王蠑霾鷓鄒部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆多数。近著に『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)がある。

----------

(経済ジャーナリスト 高井 尚之 撮影=プレジデントオンライン編集部)