松居一代

写真拡大

24日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、元宮崎県知事の東国原英夫氏が、松居一代の浮気にまつわる過去の“恐怖”発言を紹介した。

番組では、松居と船越英一郎の泥沼離婚騒動をめぐり、船越が所属する芸能事務所が松居に対し、名誉毀損や業務妨害などで近く提訴することを取り上げた。東国原氏はコメントを求められると「(提訴は)この辺で黙れよという警告なんでしょうね」と分析。

さらに東国原氏は「松居さんって数年前に『浮気をしたら服役も辞さない』みたいなことをおっしゃってた」と過去の発言を挙げ、「これ(提訴)をやっても松居さんは辞めないんじゃないかな」と抑止力にはならないとの見方を示した。

MCの坂上忍も東国原氏があげた松居の発言には覚えがあるようで、顔をしかめて「ありました」と頷く。攻撃の手を緩めそうにない松居は「一番怖い相手」と評した。東国原氏も「服役も収監も恐れないなら、何も恐れるものはないですからね。それはちょっと怖いなって」とコメントし、エスカレートする松居に対して恐怖を抱いていた。

【関連記事】
井上公造氏 船越英一郎の所属事務所が松居一代を訴える発表をした理由を推測
松居一代手記を掲載した「週刊新潮」に元「週刊文春」記者が苦言
小木博明 松居一代と船越英一郎の離婚騒動で受けたとばっちり