阪神は19日、森越祐人内野手(31)に来季の契約を行わない旨を通告した。森越は愛知啓成高から名城大を経て、10年ドラフト4位で中日に入団。14年に中日から戦力外通告を受け、15年から阪神に5年間在籍した。堅実な守備と明るいキャラクターで、チームのムードメーカーだった森越。内野の複数ポジションをこなせるユーティリティーさを重宝され、昨年は1軍で16試合に出場し、シーズン後半は主に遊撃手として先発