世界的な不動産バブルの崩壊は?2018年後半から海外で下落傾向東洋経済オンライン

世界的な不動産バブルの崩壊は?2018年後半から海外で下落傾向

ざっくり言うと

  • アメリカの住宅価格は、2018年後半から前年比で10%超も下落しているという
  • 中国マネーの流入の鈍化が原因とみられ、カナダや豪州なども同様に下落傾向
  • 2019年も堅調な日本に対し、世界の不動産バブルは崩壊の兆候が出ているそう

ランキング