マルセイユ元会長が68歳で死去 新型コロナウイルスに感染

  • マルセイユの元会長のパペ・ディウフ氏が新型コロナに感染し、死去した
  • 同氏の家族が3月31日にAFPに明らかにし、68歳で亡くなったという
  • 同氏は、2010年にリーグ優勝を果たした同チームの土台づくりに貢献した
  • 主要
  • 国内
  • 海外
  • IT 経済
  • スポーツ
  • 芸能
  • ゴシップ
  • グルメ
  • 女子
  • トレンド