待ってた! という人もいるのかな 

ソフトバンクが、2世代前の機種である『iPhone 4S』の販売を再開しました。ソフトバンクオンラインショップより購入できます。

3月31日まで限定で、「4S」を購入すると2万円のキャッシュバックキャンペーンも実施中ですよ。旧機種だけあって安く買えますので、結構お得かもしれません。ただし、在庫がなくなり次第キャンペーンも終了とのこと。

「4S」が欲しかった方にとっては、チャンスではないでしょうか。2世代前の機種を求めている方、どれぐらいいらっしゃるのかは分かりませんが。


さて、最新機種である「5s」や「5c」全盛期である今、なぜ「4S」を再販するのだろうと思いますよね。その理由は、分かりません。なぜなんでしょうか。誰か教えてください。

ところで、「4S」といいますと、ひとつ思い出すことがあります。以前お伝えしました、「4S」生産再開のニュースです。


「4S」再び in インド


「4S」は、「5s」と「5c」発売にともない一度生産が終了した機種です。しかし、つい最近、アップルは対インド向けに「4S」の生産を再開していたのでした。

詳しいことは、以下の記事をご覧ください。


参考:名機ですから。『iPhone 4』生産が再開されたって!


アンドロイドからシェアを奪還するために、アップルとしては異例の生産再開を決行する事態に。筆者としては、結構驚いたとともに、興味深いニュースの一つでございました。


ソフトバンク「4S」再販との関係性


インドでの生産再開と、ソフトバンクの販売再開にどのような関係があるかは不明です。というより、これらの件を結びつける方が深読みし過ぎな気もします。

おそらくは、単純に再販希望の声が多かったので、在庫を引っ張り出してきただけなのでしょう。しかし、タイミング的に、裏で何かあったんじゃないかなーなんてちょっと想像しちゃいますよね。


なにせ、ソフトバンクといえばあの孫社長です。インドでの生産再開を聞きつけて、裏で激安大量に入荷していた...なんてことがあったりしたのかなーなんてのは、考え過ぎでしょうか。


iPhone 4s 一覧[ソフトバンク オンラインショップ via Blog of Mobile!!〜最新ケータイ情報〜]

(コンタケ)