滋賀県近江八幡市でツチノコの死骸らしき骨を発見

ざっくり言うと

  • 滋賀県近江八幡市で10月中旬、ツチノコの死骸らしき骨が発見された
  • 体長は約35cm、三角形で大きめの頭を持ち、背骨は曲がっている
  • 専門家は「ツチノコの聖地での発見だけに興味深い」と話している

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング