画像は、柳楽優弥公式HPより

写真拡大

画像は、柳楽優弥公式HPより

 是枝裕和監督作品『誰も知らない』で映画デビューという、申し分のない芸能生活のスタートを切り、役者としても大成。2010年には女優の豊田エリーと結婚生活を開始。現在ではすでに一児の父となっている柳楽優弥。

 その柳楽のルックスの変遷を記録した数枚の画像がネット上で話題を呼んでいる。

 画像は、「げいの〜の壺」より。コチラ→http://geitsuboo.blog.fc2.com/blog-entry-4949.html

 画像は3枚存在し、最初の画像は眉も太く、髪の毛もボサボサ。髭剃り跡が目立ち、頬もぷっくりと膨らんだ勇ましい姿の柳楽。往年の名俳優、石原裕次郎を彷彿とさせるルックスになっているもの。

 2枚目の画像は、短髪、無精髭のワイルドな見た目になった柳楽。こちらの画像ではやや頬もシュッとしており、肉体もシェイプアップされている様子が分かる。

 そして3枚目の画像は、一番最近に撮影されたもの。この画像の柳楽は完全にデビュー当時のスリムな体型を取り戻しており、髪は長くなり、特徴的な眼光も最も鋭くなっている。

 そして、極めつけは、上のオフィシャルHPの写真だ。

 この一連の画像で見る柳楽の変化の様子があまりにも衝撃的だとして、多くの芸能ニュースサイトで話題となっているのだ。あまりの変貌ぶりに、一部では整形説まで囁かれ始めている。ネット上の声を幾つか紹介してみたい。

「今めっちゃかっこいいよね」

「お、国籍変わった?」

「水嶋ヒロにソックリ!」

「ここまで顔変わる奴も珍しい。根っからの役者なのね」

「関ジャニ∞錦戸くんも番組中にごつい二重に切り替わったりしてるから、こういう目の人なんだと思うよ。整形は絶対ないと思うわ」

 元々の顔立ちが素晴らしいということもあり、一時期の激太りからの復活について賞賛する声もある。また、本来役者として並々ならぬ努力を継続しているという柳楽だけに、役柄に応じてルックスを意図的に変えているのではないかというコメントも目立った。

 そんな柳楽の見た目の変化には一体どういう意図があるのか。

 彼の近況に明るい芸能関係者はこう話している。

「柳楽くんは、元々非常に役柄を重んじるタイプです。尊敬している俳優としてロバート・デ・ニーロを挙げている彼ですが、ロバート・デ・ニーロといえば演じるキャラクターによって太ったり、髪の毛を抜いたりといった努力を惜しまない本物の役者として知られています。そういう役者魂のようなものに強く感銘を受けている可能性は高いことでしょう」

 そういえば以前、某芸能ゴシップ雑誌が押尾学に憧れた柳楽が、押尾を真似て全身のいたる所にタトゥーを入れたという怪情報を掲載したこともある。この記事が事実であれば、リスペクトする対象が年齢を重ねるごとに、より素晴らしい人物へと移り変わって行ったということになるだろう。

 2012年には、鬼才・蜷川幸雄が演出した舞台「海辺のカフカ」で主演を務め上げている。今や柳楽は、若手俳優の中でも指折りの表現者だ。
そして彼にとっては、整形に頼らずとも要求に応じて容姿を変えることなど造作もないことなのかも知れない。
(松本ミゾレ)