14日午後、韓国の李明博大統領が天皇陛下の韓国訪問について、「韓国訪問を望んでいるようだが、独立運動中に亡くなった人々を訪ね、心から謝罪するならば」と述べたことを複数の韓国メディアが伝えた。

韓国の歴代大統領では、初めて天皇に謝罪を求める強硬な態度に、韓国ニュースサイト「聯合ニュース」のコメント欄には韓国のネットユーザーは「こういう大統領が欲しかった」「見直した。格好いい」「歴代大統領で誰がこういうこと言えただろう。強い言葉に胸がすっきりした」「やはり日本の王に来て謝罪してもらうべきだね」「仮に政治ショーだとしてもこれはいい」など、賞賛の言葉が相次いた。

一方、「就任する時は『韓国に来れない理由はない』と言ったのに」「反日感情を刺激しただけで英雄になっちゃったね。幼稚な国民よ」「ついこの前まで日本と軍事協定を結ぼうとした政府が、日本の態度に急な変化があったわけでもないのに、なぜ急変したのか理解できない」「天皇は日本人にとっては国王ではなく神。日本国民を刺激するのは外交的に失敗だ」など、従来の親日的イメージから急転換した李大統領の態度に否定的な声も多く、韓国内でも混乱している様子が伺える。

【関連記事】
″天皇に「心からの謝罪」求める 韓国訪問で李明博大統領
15日、終戦記念日=戦後67年、東京で戦没者追悼式
【ネット右翼事件簿】“韓国寄り”企業への不買運動が続々と


【関連情報】
李大統領 “日王、韓国に来るなら心から謝罪するすべき(聯合ニュース<韓国語>)