「中日−西武」(29日、バンテリンドーム)西武・佐藤龍が三塁手守備でけがを恐れぬハッスルプレーを見せた。1−0の八回2死一、三塁のピンチで、中日の代打・大島の打球は三塁ファウルゾーンへ。飛球を追った佐藤龍はフェンスすれすれで捕球すると、一回転して体ごとカメラマン席へ。それでもボールを離さず、攻守交代となった。前日から指揮を執る渡辺監督代行に“初勝利”を贈ろうという気迫あふれるプレーに、ドーム