会見でマイクを持つ手は時折、震えていた

写真拡大

 大きな衝撃を与えた元TOKIO・山口達也(46才)にまつわる騒動。発端は今年2月12日。山口は自身が司会を務める『Rの法則』(NHK Eテレ)で知り合った女子高生2人を自宅マンションに呼び出し、強引にキスを迫ったことに始まる。その後、女子高生が警視庁に被害届を提出。3月末に刑事が山口宅を訪れて3度の事情聴取をしたが、山口が事務所に報告したのは4月16日だった。4月25日にNHKの報道でようやく事件が明らかとなり、他のメンバーは初めて何が起きたかを知った。

 アルコール依存症の疑いがあるといわれる山口だが、実は長年「双極性障害」、いわゆる「躁鬱病」に悩んでいたという。そして、離婚によって孤独感を増したことで、それまで以上にアルコールに耽溺するようになったようだ。そして、山口は女性に執着していく。

「お酒を飲むと気が大きくなり、抑えていた性欲がコントロールできなくなる『脱抑制』が生じます。山口さんは“自分の番組に出ている女の子を呼べば来てくれる”と思ったのでしょう。お酒を飲んだことで性衝動を抑えきれなくなり、わいせつな行為に及んだと考えられます」(精神科医の片田珠美さん)

 テレビ局関係者も「山口さんの酒癖と女癖の悪さは業界で有名だった」と指摘する。

「とくに離婚してからは生活が乱れて、タレントだろうが番組スタッフだろうが“若い女性”に執着することが多かった。司会を務める『ZIP!』(日本テレビ系)でも共演者やスタッフに“飲みに行こう”と声をかけていたので、距離感の近さに驚きました。

 普段は本当に礼儀正しい人ですがお酒を飲むと豹変し、距離を取ろうとする女性スタッフに“お前なんて帰れ”と暴言を吐くこともあった。だから“山口さんとの飲み会には行きたくない”と言うスタッフもいましたが、次の出演回になると“この間はすみませんでした”と謝ってくるので、こちらも“まあ、お酒の席だから仕方ないか”と思ってしまうんです」

 山口と交友関係にある20代後半の女性モデルも言う。

「今回の事件が発覚する少し前にも山口さんから“今から来られない?”って電話がありました。酔っぱらって呂律が回っておらず、すぐにプツッと切れましたが、最近は知り合いの女性に必死に声をかけていたみたいです。寂しかったのかもしれませんが、誰かがつかまれば“他の人はもう用なし”という感じです」

 そんな山口が欲望のよりどころとしたのが『Rの法則』だ。

「『Rの法則』は未成年を含む若い男女が親密になる“出会い系番組”ともいわれていました。ほとんどの子が芸能事務所に所属していて、被害者の彼女たちもそのうちの1人だそうです。タレントの卵ということもあり、連絡先を交換させないため男女の楽屋を分けていましたが、山口さんは間隙を縫ってお気に入りの若い女性に声をかけていたようです」(別のテレビ局関係者)

『Rの法則』にタレントを出演させていた芸能事務所関係者も、「山口さんのことは危惧していた」と指摘する。

「お酒のトラブルは有名だったので“共演者から連絡先を聞かれたら必ず報告しろ”と口酸っぱく指導し、現場にはマネジャーをつけて様子を見させていました。酒臭い山口さんにNHKのスタッフが“未成年もいるのでお願いします”とさりげなく注意したこともあったと聞きます」

 精神的な不安定さが極限に達し、孤立を深めた山口が酒と女に捌け口を求めるようになった時、事件は起きた。あの部屋で本当は何が起きていたのか。現場には、被害を受けた女子高生と、もう1人別の女子高生がいた。

「表に出ているのは、“強引にキスをした”ということだけですが、腕や腰などを触り、服を脱がそうとしたそうです。被害者の調書には“押し倒された”“やらないなら帰れと言われた”という供述があるそうです」(全国紙社会部記者)

 もちろん、どのような事情があろうと山口の行為は許されない。これから先、TOKIOと山口はどうなるのか。

「CMの降板や億単位といわれる違約金はありますが、TOKIOの解散はありません。“残ったメンバーと仕事をしたい”と思っているスタッフは多く、レギュラー番組が減ることもない。この先は新生TOKIOとして活動することになるでしょう」(芸能関係者)

 一方の山口は入院生活を続けることになるという。

「躁鬱病患者に起こる最悪の事態は自殺です。当面は入院して自殺の危険を監視しながらお酒を断ち、規則正しい生活をして、心身両面の回復を待つことが大切です。その上で薬物療法や認知行動療法などを行い、躁鬱病を治療する必要があります」(片田さん)

 TOKIOを脱退して終わりではない。この先、長い闘いが山口を待っている。

※女性セブン2018年5月24日号