自転車のことを「チャリンコ」「チャリ」などと呼ぶことがありますが、どのような由来があるのでしょうか。地域独自の呼び名もあるほか、そもそも「自転車」という言葉ができる以前にも、様々な呼称がありました。

「チャリンコ」「チャリ」広まり「ママチャリ」へ

 自転車は俗に、「チャリンコ」や「チャリ」などと呼ばれます。


「チャリンコ」「チャリ」と呼ばれるのはなぜか。写真はイメージ(画像:写真AC)

 どのような由来があるのでしょうか。自転車にまつわる歴史的な資料を収集・公開している自転車文化センター(東京都品川区)学芸員の谷田貝(やたがい)一男さんに聞きました。

――なぜ自転車は「チャリンコ」や「チャリ」などと呼ばれるのでしょうか?

「チャリンコ」の語源は、よくわかっていません。自転車ベルの「チャリンチャリン……」という音に由来する擬音語とする説、韓国語で自転車を意味する「チャジョンゴ」に由来するという説、また、『広辞苑』(岩波書店)などに載っているのですが、終戦直後の「子供のすり」に関連するという説などがあります。個人的には、ベルの擬音語という説が有力ではないかと考えています。

 時期としては、1962(昭和37)年から1963(昭和38)年ころには、東京の下町で使われていたことが確認されています。もともとは地域的な言葉だったのかもしれません。

――「ママチャリ」という言葉もありますが……?

「ママチャリ」は、「チャリンコ」「チャリ」などという言葉がかなり浸透してから出てきた呼び名です。メーカーでは「シティサイクル」などと呼びますが、日本独特のものとして現在見られる「ママチャリ」の形式ができてきたのが1970年代後半で、そのように呼ばれるようになったのは1980年代以降でしょう。

名古屋圏独自の呼び名も 「自転車」そのものの言葉の起源は?

――地域的な呼び名というと、ほかにどのようなものがありますでしょうか?

 名古屋を中心に、「ケッタマシン」あるいは「ケッタ」という呼び方があります。これは、たとえば年配の女性などが自転車に乗る際、ハンドルを両手に持って自転車を押し、何度か地面を蹴り助走をつけてから跨ることがありますが、この動作に由来するといわれています。昔の自転車は重かったこともあり、このような動作が日常的に見られたことから生まれた言葉でしょう。ただ、いつごろから使われるようになったかは不明です。

――そもそも日本において自転車は、最初から「自転車」と呼ばれていたのでしょうか?

「自転車」という言葉の起源については明確で、1872(明治3)年に竹内寅次郎という人物が東京府(現・東京都)に提出した自転車製造・販売の許可願書に使われたのが最初です。それ以前は「一人車」「自走車」「西洋車」など様々な名称が見られたのですが、翌1873(明治4)年発行の錦絵(浮世絵)には早くも「自転車」の名称が見られ、これ以後広まっていったようです。

 当時は二輪だけでなく三輪、四輪の自転車もあり、自分の力で走れるものはまとめて「自転車」と呼ばれていたのですが、二輪の自転車が一般化した明治30年代には、二輪のものだけが「自転車」と呼ばれるようになりました。

※ ※ ※

 ちなみに谷田貝さんによると、少なくとも第二次大戦以前には「チャリンコ」のような俗称はなかったそうです。また、このような俗称は自転車関連の仕事に携わる人のあいだでは使われないといいますが、谷田貝さんは「『ママチャリ』だけは、ほかの自転車とは異なる日本独自の形式を表すものとして、私も使っています」といいます。

【画像】明治4年の錦絵に描かれた自転車


一曜斎國輝画「東京高輪往来車尽行合之図」(3枚続きのうちの右側)。三輪車に「自転車」と説明が書かれている(画像:Library of Congress、一部加工)。