論文にはうなぎ絶滅の予測しかなく 資源回復のためには「2、30年我慢」

ざっくり言うと

  • うなぎについて、論文では絶滅が予測されていると大学教授が指摘している
  • うなぎは産卵まで何年もかかるため、数年我慢しても何も変化はないと説明
  • 資源を回復させるためには、20〜30年間我慢しなければならないと語った

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング