北村晴男氏(写真:読売新聞/アフロ)

写真拡大

31日放送の「直撃LIVE グッディ!」(フジテレビ系)で、弁護士の北村晴男氏が、有名人を利用したビジネスに注意喚起した。

番組では、元フィギュア選手でタレント・渡部絵美の金銭トラブルを取り上げた。渡部は、約5000万円の投資詐欺にあったと訴えている。投資を持ちかけた人物は、美川憲一や竹内力、生島ヒロシら有名人と一緒に写った写真を渡辺に見せ、「著名人たちも投資している」と話を持ちかけてきたそうだ。なお生島は、自身の写真が投資話に使われたことに「初めてお会いする方々でした」「投資の依頼もされていないので困惑している」と語っているという。

有名人がよく知らない人物と写真を撮影することについて、MCの高橋克実は「(相手のことは)覚えてないですよね。言われたら一緒に写りますしね」と実体験をふまえて説明。安藤優子は「悪用されると本当に迷惑だし、困る」とコメントした。

すると、北村氏が「『写真撮ってくれ』と言われたら、安藤さんも断れないでしょ?」「(有名人が)写真を撮られることはしょうがない」と指摘する。だが一方で、「仕事で有名人と撮った写真を見せる人って、たいていまともじゃない」というのだ。

北村氏は、プライベートの場では問題ないとした上で、ビジネスの場においては注意が必要だと説明。「仕事の中身として有名人の写真を利用する人は、その(有名人の)信用を利用しようとしている」とし、そうした場合はビジネス自体を疑うべきだと力説した。

【関連記事】
北村晴男弁護士がタクシー乗車時にあおり被害…警察署に向かい難逃れる
北村晴男氏が民進党の分裂に手厳しいコメント 得意だった「仕分け」を…
北村晴男弁護士 加計学園めぐる報道を批判「日本のマスコミは終わっている」