jacquelineadan44

写真拡大

摂食障害のため、一時期は体重が226圓發△辰燭箸いΕ献礇奪リーン・アダンさん。

「このままではいけない」と一念発起した彼女は、2012年からダイエットを開始。なんと、5年間で約160圓發慮採未棒功したのです!

体重減量と引き換えに

ジャックリーンさんは、Instagramで「きっと大勢が知らないことだと思う」と前置きし、自身のダイエットで起きた副作用を明かしました。

彼女の身に起きたのは、極端な体重減量による、皮膚のたるみ。標準の体重をはるかに上回る体重からの減量の場合、起こりやすい現象だといわれています。

落とした体重と引き換えに、皮膚がたるんでしまったジャックリーンさん。

気にしないよう努めるも、見知らぬ人からはコソコソと指をさされたり、笑われたり、時には心ない言葉を浴びせられたりと、つらい仕打ちを受けてきました。

ありのままの自分を愛する

ある日、水着姿でプールにいたジャックリーンさんは、周囲の目が気になり、緊張していたといいます。

すると、プールサイドに座っていた夫婦が、彼女の身体を見て指さし、笑ってきたのです。

ジャックリーンさんは、夫婦に対し、意外な行動で対処しました。

私は深呼吸して、夫婦にほほ笑み返しました。

その瞬間、心のモヤモヤがスッと消えていくような心地がしました。私はもはや、226圓僚の子ではないのです。

確かに私はまだ、たるんだ肌を持っています。不安を感じる日だってあるけれど、私は楽しい毎日を過ごしているのです。

正直にいうと、私は周囲の反応にとても悩んでいました。しかし、これからは私をバカにする人のことを気にしないようにします!

知らない人に私の人生を決められるいわれはありません。彼らは私のことを何も知らないのですから。

彼らは私が160圓發梁僚鼎鮓採未垢襪燭瓩法△匹鵑覆紡臺僂併廚い鬚靴燭を知りません。彼らは私が大きな手術をし、回復に時間をかけたことだって知らないのです。

彼らには、指をさして私を笑う権利はありません!だから、私はほほ笑んだのです。

jacquelineadan44 ーより引用

指をさして笑った夫婦に対し、ジャックリーンさんはほほ笑み返しました。

ジャックリーンさんは「周囲の反応を気にするよりも、それに対しどのように反応するかが重要」だと説きます。

心ない差別と向き合ったジャックリーンさんの投稿に、多くの人が称賛のコメントを寄せました。

・勇敢なあなたは、誰よりも美しいと思います!

・あなたは私にとってヒーローのような存在です。

・素敵な言葉をありがとうございます。勇気付けられました。

ジャックリーンさんは、投稿を次のような言葉で締めくくっています。

あなたは、自分のことをどう思っていますか?

自分を好きになることは、とても難しいことです。ほかの人からは認めてもらえないことだってあるでしょう。

でも、それで大丈夫。あなたはあなた自身を好きでいてあげたら十分なのです。

ありのままの身体を愛してください。

jacquelineadan44 ーより引用

ありのままの自分を受け入れることの大切さを語ったジャックリーンさん。

彼女の言葉は、多くの人々を勇気付け、希望をもたらしたことでしょう。

[文・構成/grape編集部]