インフルエンザとは想像もしなかった

写真拡大

インフルエンザは、低温で乾燥した真冬に流行する病気と考えがちだ。では真夏なら心配ないか、といえば決してそうではない。

沖縄県那覇市の保健所管内では、インフルエンザの流行により一部学校で学級閉鎖となった。東京都内でも、夏真っ盛りの今の時期に感染報告がある。

40度の高熱、のどの痛み、吐き気に苦しめられる

「インフルエンザだったとは...信じられない思いでした」

こう話すのは、東京都内に住むJ-CASTニュース編集部の20代男性記者。経緯は次の通りだ。

体調がすぐれないと感じたのは、2017年6月30日。日中から激しくせき込んだが、通常通り業務を終えた後で食事に出かけ、帰宅したのは深夜だった。ちょうどその時期に、寝具を薄い掛け布団に替えたうえ、寝ている間にその布団を無意識にはねのけていたので「寝冷えかな」と考えたという。

7月1日は土曜日で、自宅で休息を取ったが夜になって発熱、測ると39度まで上がっていた。翌日は休日出勤の予定だったため体調回復に努めたものの、2日朝の時点で熱は40度に上昇。文字通り「這うように」出社し、上司に事情を説明したところ「すぐに病院に行くように」と指示された。

日曜日でも開業しているクリニックを訪ね、問診で医師に状況を説明すると「この時期なのでめったにありませんが、いちおうインフルエンザの検査をしましょう」となった。結果は陽性、「A型」の判定だった。服用薬を処方され、帰宅。以後は当面、欠勤となった。

高熱やのどの痛み、悪寒に加えて頭痛と吐き気の症状に苦しめられた。7月5日までは熱が38度を下回らず、飲食もままならない。やっと回復を実感したのは7日、症状を自覚してから1週間が経過していた。

本人は、診断結果が出るまでインフルエンザに感染しているとは想像もしなかったという。もちろん7月は、東京都内では流行時期ではない。それでも例年、感染者はゼロでないのも事実だ。

東京都感染症情報センターの7月19日時点でのデータを見ると、第28週(7月10日〜16日)の都内のインフルエンザ罹患(りかん)者の報告数は、男女あわせて29人となっている。無論ピーク時に比べればずっと少ないが、手洗いやうがいといった予防をしておいて、損はないだろう。

2年前の7〜8月には高齢者施設で集団感染

都内では夏の感染者数は少ないが、那覇市に目を移すと事情は一気に変わる。那覇市保健所は7月13日、同市内で第27週(7月3日〜9日)のインフルエンザの定点報告が、1定点当たり10.42人となり、感染症流行注意報の基準となる同10.0人を超えたと発表した。過去5週で見ると増加傾向で、人数は「A型」が63人、「B型」が56人。小学校と高校で1校ずつ、学級閉鎖となった。インフルエンザによる入院患者も、10〜14歳で1人、80歳以上で3人出ていた。

那覇市では2年前、2015年7月末〜8月初めに高齢者施設でインフルエンザB型の集団感染が報告されている。国立感染症研究所のウェブサイトによると、入所者44人中41人が発熱し、診断キット検査によりインフルエンザ陽性と判明したのは33人と、発熱者の8割に上ったという。インフルエンザによる入院者や死者は出なかったが、2次感染による細菌性肺炎が4人に見られ、うち2人が入院・治療を受けた。

年間を通して気温が高い東南アジアでは、雨季にインフルエンザの流行が見られる。亜熱帯地域の沖縄でも、同じような傾向だ。

沖縄の南西に位置するマカオの特別行政区政府衛生局は2017年7月18日、インフルエンザの夏季流行時期に入ったとして注意喚起を出した。最新情報となる第28週(7月10日〜16日)の患者数は1000人あたり117人で、通常時期の4倍。子どもの患者数は同214人と、通常時の2倍に達した。マカオも沖縄と同様に、亜熱帯気候に属している。