日本航空(JAL)は、同グループ国内線の機内Wi-Fi接続サービスを、今後無料とすることを発表しました。これまで、8月31日までの期間限定で無料キャンペーンを実施していましたが、期限を撤廃しました。

時間制限なくWi-Fi接続が無料

JALの機内Wi-Fiサービスが利用できるのは離陸5分後から着陸5分前までの時間帯で、時間制限なく無料でインターネットが利用可能です。JALによると、これは国内線唯一のサービスです。
 
機内Wi-Fiは、離陸前に機内モードに設定しておき、Wi-Fiの設定で「gogoinflight」を選択、ブラウザを起動して「接続」ボタンを選択するだけで利用可能です。
 

事前にGogoアカウントを作っておくとスムーズ

プロバイダはGogoで、接続サービスの利用にはGogoのアカウント登録が必要となります。搭乗前にアカウントを作成しておくとスムーズに利用できます。
 
機内Wi-Fiが利用できるのは、国内線の対応機材(777-300型機、777-200型機、767-300型機、737-800型機)で、国際線機材での運航時と、J-AIR/JAC/RAC/HAC運航便は除かれます。
 
機内Wi-Fiが利用できる運航路線やスケジュールなどは、JALの公式Webサイトでご確認ください。

 
 
Source:JAL
Photo:JALのFacebook

(hato)