アリババが600億円注ぐ中国スマホメーカー「魅族」の異色の経歴

写真拡大

中国南部に位置する珠海市の九州港からMeizu(魅族科技)の本社までの道は、驚くほど美しかった。たくさんの木、趣のある通り、そして右手には海が広がり、ロサンゼルスからサンタバーバラへの海岸沿いへドライブをしているような感覚だった。同業者の多くが、ハイテク産業が集積する深センか製造業のハブである東莞に拠点を置く中で、海辺の都市、珠海を選んだMeizuは異彩を放っている。

Meizuはジャック・ウォン(黄章)が高校を中退し、電子製造業の工場で数年働いた後に、ポータブル音楽プレイヤーのメーカーとして2003年に創業した。発売したMP3とMP4のプレイヤーはすぐにヒットし、外部からの出資を受けなくとも健全に成長するだけの原資を蓄えた。そして2008年、Meizuはスマホ製造に参入した。

調査会社のIC Insightsによると、メイズは2015年にスマホを2,000万台以上販売し、販売台数でソニーとマイクロソフトを上回る世界11位のスマホメーカーになった。今年は2,500万台が視野に入っている。

売上は前年比350%の急成長

アップルやサムスン、ファーウェイ(華為)に比べると少なく感じるが、Meizuは最近まで独自資金で運営されており、昨年アリババから5億9,000万ドル(約617億円)の出資を受けたばかりだ。2015年の同社のスマホの売上は前年比で350%拡大した。

Meizuの幹部たちは、スマホ市場が世界の主要マーケットの多くで飽和点に達したと認識しており、3ケタ成長が今後も続くとは思っていない。

副総裁のリー・ナン(李楠)は次のように述べる。「これから2年間、スマホマーケットはおそらく縮小するだろう。Meizuはハードウェア企業からモバイルインターネットカンパニーに移行しなければならない」

その一環として、Meizuは独自OSのFlymeを開発した。アンドロイドをベースとしているものの、他社との差別化につながっている。2014年に入社したグローバルブランディングマネジャーのアード・ボーデリングは、例としてスマホから”戻る”ボタンをなくした取り組みを挙げた。

Meizuのスタッフたちは「消費者のフィードバックを大事にしている」と口をそろえる。もう一人のグローバルブランディングマネジャー、ロビン・イックマンズは「我々はオンラインコミュニティで常にファンと交流し、彼らの提案に耳を傾けている」と強調した。

創業者のウォンは隠遁者のようなイメージを持たれているが、孤高のトップというわけではない。ウォンは製品デザインに多くのアドバイスをしており、2015年に5.7インチだったフラッグシップラインのディスプレイを今年5.2インチに小型化したのも、彼の指示だった。

ボーデリングは「ハイエンドマーケットで大画面端末の競争は激しいが、小さなディスプレイの需要は見逃されがちだ。ウォンはそのギャップを見抜いた」と語る。

課題は販売チャネルの構築

Meizuのデザインは高く評価されている。マーケティング会社Beeepの設立者ニック・シューは、「中国の消費者は一般的に、Meizuを良いブランドだと考えているが、販売面では課題がある」と指摘した。

スマホメーカーにとって、オンライン販売で利益を得ることは以前に比べ難しくなっている。シューは急成長を遂げたOppoとGioneeの例を引き合いに出し、「Meizuもオフラインの販売チャネルを伸ばさなければならない」と語った。

Meizuもその点を認識している。イックマンズは「オンラインでの購入者は技術に詳しく、コストパフォーマンスに妥協しない」と分析する。つまり、オンライン主体でスマホを売る会社は、利幅の圧縮を余儀なくされる。Meizuは4,000人以上のスタッフを雇い、中国のほか東南アジア、ヨーロッパなど世界で約2,000店舗を展開する。店舗数は今後も拡大する計画だ。

国際ブランドとしての躍進へ

Meizuは米国には進出していないが、リーとウォンは数年前に参入の意欲を言明している。ただしボーデリングは、「我々は前進を続けているが、米国は独特で複雑な市場だ」と語り、進出にはなお時間を要するとの見方を示した。

進出が遅れている理由には、米国の厳しい規制や、通信会社の力が強いことがある。Meizuは今年、米国のクラウドファンディングで資金を集め、スピーカー製品Meizu Gravityを売り出した。また、安さを魅力に感じ、Meizuのスマホを輸入する米国人もいる。一方で、イックマンズは「Meizuは途上国では足場ができつつある。特にウクライナでは10%近いマーケットシェアを獲得した」と強調した。

「私たちは海外にスマホを出荷するだけでなく、マーケットごとに強力なパートナーと協力し、顧客に十分なサポートを提供できる体制を整えたい」(イックマンズ)

Meizuは今のところ、スマホで利益を出せている。高品質のスマホを低価格で販売していることを考えると、それは驚きに値する。アリババの支援を得られたことも、Meizuがビジョンを実現するための大きな助けとなるだろう。

Meizuの幹部は、ライバルとの差別化を打ち出し、競争力のある価格で高品質な製品を生み出すビジョンを語る。新製品のM3 Maxは筆者から見て、そのビジョンを体現していると思える。リーは語った。

「私はMeizuを単なる中国のハードウェア企業ではなく、強力な国際ブランドに育てたい」