いとうあさこ

写真拡大

29日放送の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で、いとうあさこが号泣してしまう場面があった。

番組ではこの日、「光浦靖子・いとうあさこ ガチお見合い企画 とんねるずさん私たち幸せになります」と題して、テレビ業界人とふたりのお見合い企画をした。

この企画でいとうは、名古屋在住の男性といい雰囲気となった。告白タイムでは、誰もがいとうからの告白を予想したが、その予想を裏切り、「ごめんなさい」と交際を断ってしまった。

あ然とする共演者にいとうは、告白しなかった理由を「愛知の…名古屋の方で距離が怖い」と説明した。しかし、その言葉を聞くなり石橋は、「オイ、帰るぞ」と呆れた表情を見せ、おぎやはぎ小木博明も「ブスのくせに距離のこと言ってんじゃないよ!」と容赦無い言葉を浴びせた。

そして石橋が「俺、もう耐えられないわ」と突き放すと、いとうは「ちょっと、そういう冷たいことしないで〜」と泣き始める。小木がなおも「泣くなよ、ブスのくせによぉ!」と追い打ちをかけると、いとうは顔をぐしゃぐしゃにして号泣していた。石橋はとうとう、「ちょっと向こうの控室行けよ」といとうを追い出してしまう。

その後、光浦が番組カメラマンに「友達から始めましょう」と告白し、カップルが成立。ここで再びいとうが現れ「あの…友達からってできるんですか?」と未練がましい様子で話した。どうやらいとうは、企画が“ガチお見合い”ということで、結婚前提の相手を見つけなければいけないと思っていたようだ。

いとうは「だって決めろって言われたから!」と泣きながら抗議したが、石橋は「恋の列車はもう行っちゃいました」と冷たく突き放した。あきらめきれないいとうは、木梨憲武にやり直しを求めたが、「泣きながら来ないで、俺に」と拒否されていた。

【関連記事】
いとうあさこが「イッテQ」で犬に噛まれ絶叫 流血寸前の地獄絵図
木梨憲武の理不尽な仕打ちにピン芸人の永野が不満を漏らして抗議
石橋貴明 若手芸人の「ウッチャンナンチャン」発言に意味深な反応