骨折する子がコロナを経て増加

近視、脂肪肝、運動器障害。高齢者の症状を羅列しているように見えるが、実は近年、子どもにも見られる症状だという。なぜ、子どもに“老化”現象が? その背景には大きく2つの要因があった。

◆骨折しやすい子や近視、脂肪肝の子どもも急増!?

「ここ3か月で怪我した子の半数以上が骨折。骨折が多すぎてビックリしています」

こう話すのは都内の小学校教師。ようやくコロナ前の“日常”を取り戻せたかと思ったら、子どもたちの体には異変が生じていたというのだ。30代の保育士も次のように話す。

「コロナ自粛中に太り、一回り大きくなって登園してきた女の子が先日、何もないところで転んで剥離骨折しました」

◆ここ50年で骨折する子どもは2倍以上に

今、“骨折しやすい”子どもが増えているのだ。なぜか? 全国ストップ・ザ・ロコモ協議会理事長で、林整形外科院長の林承弘医師が話す。

「ロコモ(ロコモティブシンドローム)と呼ばれる運動器障害は関節痛や歩行障害を引き起こし、最悪の場合は要介護状態になるため、高齢者によく見られるものです。ところが生活環境の変化に伴い、10年ほど前から“子どもロコモ”も増えてきた。

埼玉県が行った調査では4割の子どもに兆候が見られました。コロナ禍でその数はさらに増加。子どもロコモは転びやすく、骨折しやすい特徴があり、実際ここ50年で骨折する子どもは2倍以上に増えています」

その実態は、さながら「子どもの老化」だ。林医師が最近診た患者のなかには、腰痛持ちの5歳児もいたという。

「毎日何時間もスマホを凝視していたせいで、猫背で顎が前に突き出た姿勢になっていました。姿勢の悪さが、子どもロコモの大きな要因です」

毎日1時間の運動が理想的だが、骨盤を立てた正しい姿勢を教えるだけでも子どもロコモ改善に繋がるという。すぐにでも実践したいところだが……子どもの老化は別の症状として表れることもある。

◆視力1.0以下の中学生は6割に達している

「小学校入学前に眼科に連れていったら視力は0.1未満。今、息子は瓶底のようなメガネをかけて過ごしています」

こう話すのは小2の息子を持つ男性だ。幼い頃からスマホで遊ばせていたところ、みるみる視力が低下。6歳のときに強度近視の診断を受けた。

「医師からは『タブレット端末の使用を控えさせるように』と言われました。放置すると緑内障の危険性もあると」

視力低下だけではない。老眼と似た症状を訴える子どもも増えている。二本松眼科病医院の平松類医師が話す。

「通常、人は1分間に20回ぐらい瞬きをしますが、スマホを見るときは回数が4分の1に減ります。すると、ドライアイになり、近い距離で凝視しすぎてピント調節機能が衰える“スマホ老眼”になる子どもも増えているのです。

並行して近視が進む子どもも多い。文科省の統計でも裸眼視力1.0以下の子どもは年々着実に増え続けており、中学生では6割に達しています」

◆子どもの目を守るには?

子どもの目に悪影響を及ぼしている“犯人”は明らかだ。

「本を読むときの目との距離は30cmですが、スマホは20cm。最も目から近い距離で、かつ長時間利用される傾向にあるため、目の負担が大きい」

子どもの目を守るには、「スマホ利用時は30分に一度、目を休ませ、一日2時間は外で遊ばせるのが理想」(平松医師)とか。ロコモ予防策同様、適度な運動は効果的なのだ。

◆コロナ太りを経て脂肪肝になる子が増加

さらに、子どもの異変は体の内側にも。小児科医院で働く看護師が話す。

「自宅で過ごす時間が増えて運動量が減った影響で肥満が進行し、10代で2型糖尿病を発症する子が増えてきている」

40代以降に発症しやすくなるとされる生活習慣病のリスクは子どもにも及んでいるのだ。済生会横浜市東部病院小児肝臓消化器科の十河剛医師も次のように話す。