PDFとして知られるポータブル・ドキュメント・フォーマット(Portable Document Format)は、文書ファイルを扱う上で必要不可欠な文書形式です。そんなPDFの歴史について、ジャーナリストのロブ・ウォーカー氏が解説しています。

The Inside Story of How the Lowly PDF Played the Longest Game in Tech | by Rob Walker | Jan, 2021 | Marker

https://marker.medium.com/the-improbable-tale-of-how-the-lowly-pdf-played-the-longest-game-in-tech-d143d2ba9abf

PDFはソフトウェアメーカーのAdobeによって開発されたファイルフォーマット。Adobeによると、2020年だけで3030億のPDFファイルがAdobe Document Cloudを利用して開かれており、世界には2.5兆のPDFファイルが存在しているとのことで、その利用者数は圧倒的です。しかも、Microsoft OfficeがGoogleドキュメントにシェアを奪われつつあるように、ソフトウェア開発には対抗勢力がつきものですが、PDFには対抗勢力が存在しません。

PDFの歴史は、プログラマであり計算機科学の研究者だったジョン・ワーノック氏とチャールズ・ゲシキ氏がAdobeを創業した1982年にさかのぼります。2人はAdobeの創業後、ページ記述言語「PostScript」や、「Illustrator」や「Photoshop」といった画像処理ソフトウェアを発表してAdobeを急成長させました。

Adobeが創業された当時は、MS-DOSで作成した文書ファイルがMacでは正常に読み込めないといった問題が存在していました。この問題を知ったワーノック氏はPostScriptによるデジタルとアナログの橋渡しに大きな関心を持ち、1990年代初頭にPDFの元となるプロジェクト「Camelot」を発表しました。ワーノック氏が記したCamelotの初期案はPDFファイルとして公開されており、記事作成時点でも閲覧することができます。

The Camelot Project - John Warnock - warnock_camelot.pdf

(PDFファイル)https://planetpdf.com/planetpdf/pdfs/warnock_camelot.pdf

Adobeは1992年にPDFを正式に発表しました。しかし、PDFは一般的なテキスト形式と比べて扱いにくく、当時の速度の遅い回線では送受信に時間がかかったことから、PDF作成ツールやPDFリーダーの売れ行きは伸びませんでした。また、1990年代には、PDF以外にも「DjVu」や「Envoy」といった文書形式が開発されていたことから、当時のAdobe取締役会はPDF関連事業を早急に終了する予定だったとのこと。

しかし、1993年にAdobeがPDFの仕様を公開したこと、そして1994年にPDFリーダーの「Adobe Acrobat Reader」を無料公開したことで、流れが変わります。この2つの決断により、PDFは多くの人に利用されることになり、AdobeはPDF作成ツールで利益を上げるようになりました。

1990年代半ばには、アメリカ合衆国内国歳入庁(IRS)がPDFを採用したことにより、他の政府機関や企業、医療機関がPDFを採用する流れが生まれました。さらに、Webの主流化と回線速度の向上はPDFの普及に有利に働いたとウォーカー氏は指摘しています。

2008年には国際標準化機構(ISO)によってPDF1.7が規格化されました。これにより、Adobe以外の企業が開発するPDFリーダーやPDF作成ソフトが登場したり、ウェブブラウザに標準のPDFリーダー機能が搭載されたりと、PDFは文書形式の標準形式としての座を固めました。

ISO - ISO 32000-1:2008 - Document management - Portable document format - Part 1: PDF 1.7

https://www.iso.org/standard/51502.html

Adobe Document Cloudのエンジニアリングリーダーであるデイビッド・パーメンター氏は、「多くの人はAdobeがPDFに関するほとんどのことを決定していると思っていますが、それは誤解です。AdobeはISO委員会の1議席を得ているに過ぎず、PDFを形成する上で大きな力を持っていません。PDFはAdobeの働きかけによってではなく『世界中の何百万人もの人々の力』で広がり続けています」と語っています。

近年におけるPDFの課題はスマートフォンへの適応で、2020年にはAdobeはスマートフォンでPDFを読みやすく自動で調整する機能「Liquid Mode」を発表しています。

スマホでPDFを読みやすく自動で調整できる機能「Liquid Mode」をAdobeが発表 - GIGAZINE

しかし、PDFの優位な点は新技術ではなく、その互換性にあるとのこと。30年前に作成されたPDFファイルのほとんどは、最新のPDFリーダーでも問題なく開くことができます。このことから、PDFはアナログで保存された文書と同様の強みを持っているとウォーカー氏は指摘しています。パーメンター氏は、「PDFは人々の生活に染みついていますが、ビデオ通話のような目立つ技術ではありません。人々はPDFがうまく動作しないときだけPDFの存在を思い出しますが、幸いなことにそれは非常に珍しい状況です」とPDFの安定性を語っています。